News

選手育成最強球団の徳島ISが6度目の特別合格者を発表!!

2023.12.18


四国アイランドリーグplus所属の徳島インディゴソックスが今季6度目の*特別合格者を発表した。

今年のドラフトでも来年の新入団選手でも、非常に世間の目から離せない球団となってきている徳島IS。今回は投手1人が*特別合格者となった。徳島でどのような成長を見せてNPB選手になれるか徳島での成長を期待したい。

その指名された選手というのが山梨学院大で投手の柱として投げていた中込 陽翔投手(山梨学院)。スリークォーターから投げる速球は破壊力抜群で、特に縦に大きく割れる緩いカーブは非常に効果的だ。投手としてすでに徳島に入っても主力となる選手に違いない。年齢も大卒ということで1年で結果を出して、来年のドラフトでは名前を呼ばれる逸材になれることを期待したい。

(*特別合格者とはトライアウトには別に、個人に合格通知が伝えられた選手のことをいう

【徳島IS特別合格者】
投手
・中込 陽翔(山梨学院-山梨学院大)

関連記事
第1次の特別合格者7名の詳細と育成プラン>はこちら
第2次の特別合格者7名の詳細と育成プラン>はこちら
第3次の特別合格者3名の詳細と育成プラン>はこちら

阪神ドラフト2位・椎葉剛 “虎の次世代守護神候補”が1年で球速を11キロアップできた理由 一度は野球を諦めかけた男が徳島で得た「圧倒的なパワー」はこちら
虎の次世代守護神候補・椎葉剛 が語る“急成長”独立球団の謎「インディゴソックスはNPBにもっとも近い場所です」はこちら
独立リーガーから誕生した「背番号55」井上絢登(DeNAドラフト6位)の打撃を開花させた徳島インディゴソックス「驚異のメソッド」はこちら
「徳島でトップ3に入れば、NPBに行ける」井上 絢登(DeNA6位)が語る“最強育成球団”での激烈な日々はこちら
名門国立大生兼独立リーガーが西武5位指名! 宮澤太成が自ら「徳島インディゴソックスに入れて欲しい」と入団を願った理由はこちら
西武5位指名を受けた“北大生”独立リーガー「NPB入りのためのしたたかな戦略」はこちら
高校補欠選手が1年後NPBへ! 西武育成2位・谷口 朝陽の「徳島夢物語」はこちら
谷口朝陽(西武育成2位)、自ら気づいた「無限の可能性」、登板わずか3試合でNPB入りの驚くべき背景はこちら

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.23

「無欲すぎて就職希望だったところを……」紅林弘太郎(オリックス)、恩師が明かす高校3年間

2024.04.23

【熊本】城南地区では小川工が優勝、城北地区では有明と城北が決勝へ<各地区春季大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!