News

今年の徳島ISで「NPBに一番近い」選手は誰だ!? 監督は日大出身右腕を絶賛、桐蔭横浜大卒内野手にはオリ茶野を彷彿!

2024.02.24


岸本 大希、杉本 幸基

四国アイランドリーグplus所属の徳島インディゴソックスが2月17日に西武B班との交流戦を行った。試合は序盤に徳島がたたみかけるも、西武が後半に意地を見せ乱打戦に。最後は1点差に迫る競った試合となったが、9対8で徳島が勝利をあげた。

昨秋のドラフトでは、6人をNPBに送り出し、11年連続ドラフト指名を達成した徳島。12年連続ドラフト指名を目指すチームは、190センチを超える長身から最速148キロを誇るストレートを投げ込む篠崎 国忠投手(修徳)や、東海大相模で通算35発を放ったスラッガー・加藤 響内野手(東海大相模-東洋大在学中)など投打で注目の新戦力が加入した。

試合を振り返り、指揮を執る岡本哲司監督が、「現状では一番NPBに近い」と最大限の評価を示したのが2年目の杉本 幸基投手(大垣日大-日本大)だ。
この日は最速146キロのストレートと得意のカットボールを巧みに使い、2回3奪三振無失点でマウンドを降りた。NPBを夢見る本格派右腕に、岡本監督も期待を口にする。
「カットボールは磨いていけばNPBの選手たちにも通用する。緩急の使い方も出来ているので、ストレートの平均球速あげていけばさらに評価も上がってくる。日々のトレーニングが結果に繋がると信じて、全力で励んで欲しい」
2月10日のアークバリア戦から2試合連続で先発を任されていることからも、評価の高さを伺える。2年目を迎えた今季こそ、育成力に評判のある徳島で成長を遂げることが出来るか注目だ。

野手では2番セカンドでスタメンの岸本 大希内野手(長崎商-桐蔭横浜大)が3安打猛打賞と快音を響かせた。岡本監督はルーキーのアピールに、2022年に育成ドラフト4位でオリックスに入団した茶野 篤政外野手(中京-名古屋商科大)と重ねる。
「茶野も徳島在籍時に、オリックスとの交流戦で猛打賞の活躍を見せていた。岸本もNPBの投手相手にも適応していたし、3安打という結果で存在感を示したことは大きい」

試合は他にも3番手で登板した2年目の石川 槙貴投手(鹿児島城西-九州共立大学)が150キロを計測し、1回無失点2奪三振の好投。続くマウンドにあがった川口 冬弥投手(東海大菅生-城西国際大-ハナマウイ)も失点したものの、最速151キロのストレートで2回4奪三振と持ち味を発揮した。野手も塩﨑 栄多外野手(浜松工-名城大学)が2安打3打点とバットでアピールすると、2年目の柏木 寿志内野手(九州文化学園-兵庫ブレイバーズ)がアークバリア戦に続き2試合連続で打点をあげるなど、好調ぶりを見せていた。

昨年、同時に6人が指名された中、既に2人の投手が実践で150キロを計測するなど、選手層の厚さが伺える。チームは昨年成し遂げることができなかった独立日本一、その先にある12年連続ドラフト指名を目指す。今年も「勝利と育成」の両立を体現するため、選手たちは日々練習に励んでいる。

関連記事
【緊急企画】“ドラフトの鬼”徳島インディゴソックス「超育成球団の謎」に迫る!

2年で9人がドラフト指名 徳島IS・岡本哲司監督「驚異の育成術」を解き明かす! 「最強育成球団」の圧倒的な“選手に気づかせる”環境づくり

阪神 超絶ハイレベルの「左腕王国」ができあがった! 19歳門別は「大きな課題は見当たらない」と阪神OBも絶賛!

【中日】黄金ルーキーに続いて期待の若手がヒジ損傷で戦線離脱! 原因をトミー・ジョン経験元プロ投手が分析! 「予兆ゼロで痛みはやってくる」

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.23

大阪桐蔭2年生・中野大虎のフォークがエグすぎた 「高校生レベルのボールじゃない」【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.23

【福岡】福岡がタイブレークの末に初戦を突破<春季大会の結果>

2024.03.23

【春季鹿児島大会】ラ・サールが序盤の6点差をはね返す大逆転劇!

2024.03.18

進学校対決は、「恐るべき9番打者」の活躍で青稜に軍配!【東京春季大会一次予選】

2024.03.19

遂に適用される新基準バット 企画・開発担当者が込めた思い 「安心して使ってもらたい」

2024.03.18

白鷗大足利 プロ注・昆野に続く第2の投手は現れたのか?【練習試合】

2024.03.18

復活をかける「元・都立の星」東大和、部員12人でコールド発進!【東京春季大会一次予選】

2024.03.18

【センバツ】優勝候補は健大高崎と広陵! 健大高崎は超強力打線&2年生2枚看板、広陵は経験豊富な右腕・高尾に「スーパーエース」の予感!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>