News

【中日】黄金ルーキーに続いて期待の若手がヒジ損傷で戦線離脱! 原因をトミー・ジョン経験元プロ投手が分析! 「予兆ゼロで痛みはやってくる」

2024.02.11


草加勝(亜細亜大)、日本体育大時代の森博人

2年連続の最下位に終わった中日に試練が続いている。1月、ドラフト1位ルーキーの草加 勝投手(創志学園-亜細亜大)が右肘内側側副靱帯損傷という診断を受け、トミージョン手術を受けた。復帰は来期以降になる予定だ。
2月に入ると今季4年目の森 博人投手(豊川-日本体育大)がシート打撃の登板中に肘を痛め、途中降板。森も右肘尺側側副靱帯損傷という診断結果になり、復帰が不透明な状況だ。

この2ヶ月で期待の若手投手2人が靭帯損傷という危機的な状況。ケガは何が原因で起こったのか。どんなプラン、モチベーションで完全復帰を目指すべきなのか。

2017年から20年まで阪神で投手としてプレーした福永 春吾氏に話を聞いた。
「僕自身、トミージョン手術を受けたばかり。他人事ではない話題だと感じています」
福永氏は徳島インディゴソックスから阪神に入団。退団後メキシコや台湾などでプレーを続けていたが、昨年7月の登板中に、右肘を痛め途中降板。右肘靭帯が断裂していると診断され、現役引退を決断。その後トミージョン手術を受けて、現在は台湾の台鋼ホークスで投手コーチ補佐を務めている。

プロ入り直前、1ヵ月強で860球を投げていた草加

まずは福永氏に動画で草加の投球を見てもらい、フォーム的に要因があるのか見てもらった。
「草加投手はしっかりとオーバーで振り下ろす角度のあるストレートが魅力ですね。真っ直ぐは良い角度で投げられていて大きな武器です。
個人的な見解になりますが、投球フォームが怪我に直結しているようには感じられませんでした」

では草加の登板負荷について調べてみよう。草加は亜細亜大4年生時に春季リーグ戦、大学日本代表、秋季リーグ戦合わせて142イニングを投げている。投球数に絞ると、春は4月2日〜5月29日の2ヶ月間で、983球7完投。秋は9月2日から10月19日まで860球も投げている。

春の登板間隔を見ると、中5日、6日。リーグ戦の期間が空いて、中2週間ということもあった。秋はさらに間隔が短くなっている。9月18日から10月11日までの期間が顕著だ。
9月18日  129球
9月22日  68球
9月27日  115球
9月29日  79球
10月11日 142球

この数字を見た福永氏は、「短い間隔での登板の影響は否めない」と語った。
「草加投手と同年代にあたる20代前半のプロの投手は、球団からイニングや球数が管理されて育成されていきます。
学生野球はプロと比べてもどうしても短い登板間隔になってしまいます。それにしても草加投手はほかの大学生投手と比べて、よりタイトなスケジュールで投げているのが気になりました。
僕は阪神以外も独立リーグや台湾、メキシコでも投げましたが、どこでもスケジュール管理はあります。たとえばメキシコでは中5日が基本で、たまに中4日で先発でした。その際には100球という球数制限がありましたね。
草加投手で気になるのは、やはりプロ入り直前の秋の登板間隔の短さです。プロ入りするまでに、体の回復が間に合わなかったのではないかと思います」

登板間隔・球数以外にも近年は投手の故障のリスクが高まっているという。
「まずは、マウンドの硬さです。近年、どの球場もマウンドが硬くなっており、特に神宮球場のマウンドは硬いと聞きます。硬いマウンドで投げると、疲労が蓄積しやすいんです。
もう一つは投手の球速アップ。投手の平均球速はだんだんと速くなっていますよね。スピードボールを投げることは体への負担が大きくなり、靭帯の影響が少なからず出てくると思います」

草加 勝投手

次のページ:
「ほんの少しの「いつもと違う」が大ケガにつながる」
「ヒジの損傷は突然やってくる」

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

1 Comment

  1. 高井

    2024-02-11 at 5:32 PM

    中日の関係者ではないですが書いた人の名前を書くべき。
    不安をあおっている文章。非常に不快に感じました。大谷選手も2度ひじの手術しましたが大丈夫なのか?と同じことだと思います。
    責任の所在がわかるように匿名ではない方がよい。
    不安を煽るのライターとしての資質を疑います

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.06

【茨城】竜ヶ崎一が取手二と初戦で対戦<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.06

髙尾響(広陵)の147キロ!新星・高橋(北照)が自己最速146キロをマーク!【高校日本代表一次候補 参加投手球速一覧】

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?