Interview

2年で9人がドラフト指名 徳島IS・岡本哲司監督「驚異の育成術」を解き明かす! 「最強育成球団」の圧倒的な“選手に気づかせる”環境づくり

2024.01.19


取材に応じる岡本哲司監督

いま野球界に旋風を巻き起こしている球団がある。独立リーグ・四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスだ。昨年のドラフトでは史上最多の6人同時指名を達成。今シーズンも155キロ右腕の工藤 泰成投手(東京国際大)、191センチの剛腕・篠崎 国忠投手(修徳)など将来性豊かな選手が続々加入している。勢いづくチームについた異名は「最強育成球団」だ。

このインディゴソックスを2022年から率いているのが岡本哲司監督。NPBでの12年間の選手生活を経て、指導者に転身した。日本ハム、横浜、オリックスなどで二軍監督など主要ポストを歴任。5年間、和歌山南陵高校の監督も務めたこともある。そんな経験豊富な指揮官にインディゴソックスの強さの秘訣、選手の力を伸ばす指導論を聞いた。

<岡本哲司監督インタビュー>
第2回はこちら
第3回はこちら

 

 

「選手に気づかせる」ことが大切

――昨秋のドラフトで6選手が指名を受けました。2年間で岡本監督は9人の選手をNPBに送り出しています。監督の立場としてドラフト会議を立ち会って、どんな思いがありましたか。

岡本:徳島はやはりNPBを目指す集団です。結果として、6人出てよかった。指名ゼロの場合だってありますからね。

――徳島インディゴソックスの特徴を教えてください。

岡本:現場としての目標は3つあります。勝つこと、NPB輩出、地域貢献です。NPBに輩出するには環境が良くないといけない。そこを紐解くと、「スカウティング」「育成の方向性」「編成」に行き当たります。徳島の場合は、その部分の交通整理がしっかりできてるのかな、と思ってます。

――選手のスカウティング面で、球団側に要望は出しているのでしょうか。

岡本:私は要望を出していません。要望は出していないのですが、良い選手は入ってきます。しっかりとした気持ちを持って、体の動きもしっかりしている選手が入ってきているなと感じます。

――岡本監督が選手とは面談することはあるのでしょうか?

岡本:選手とは話をしますが、重要なことは、まず選手たちの感覚を大事にすることです。選手の感覚を変えてまで指導することは難しいので、感覚をそのままにして体の動きを変えることを意識しています。変えた時に「感覚はどう?」という感じで面談をします。選手たちが感じてもいないのに、ゴールを設定するのは難しいと思っています。

――選手が自分の良い感覚に気づくまで選手と対話を続けるのでしょうか。

岡本:対話する時と対話しない時があります。選手が気づくためには、指導者が離れないと駄目だと思います。指導者はずっと見ておくんです。困ったら選手が指導者に聞きに行く。そういう選手は必ず伸びます。選手が来るまで指導者は我慢します。そういったさじ加減は大事にします。

身振り手振りを交えて指導する岡本哲司監督

次のページ:
『成長の下準備となるのが「ウエイト」』
『組織で活躍できる人材を育てたい』

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】