試合レポート

拓大紅陵vs千葉英和

2022.08.21

拓大紅陵が千葉英和を投打で圧倒し、6回コールド勝ち!

拓大紅陵vs千葉英和 | 高校野球ドットコム
好投を見せる竹内界翔(拓大紅陵)

<第75回秋季千葉県高校野球大会予選:拓大紅陵10-0千葉英和>◇20日◇1回戦

 拓大紅陵vs千葉英和の一戦。シートノックを見る限り、守備についてはそれほど差を感じなかったが、好野手揃いの拓大紅陵が圧倒した。

 2回裏、8番小嶺羽琉内野手(2年)の長打でチャンスを作り、相手の敵失から1点を先制。3回裏には1死満塁から7番宮﨑の右前適時打、8番小嶺のポテンヒットで2点を追加し、9番竹内界翔投手(1年)の遊ゴロで三塁走者が生還。なおも2死一、三塁で1番菰田朝陽外野手(2年)の場面で、四球となった球がパスボールとなり、三塁走者が生還し、5対0とした。

 4回裏、3番小藤田朔也捕手(2年)の二塁打からチャンスを作り、5番黒田の適時打、7番宮﨑の適時打で7対0とした。8番小嶺がレフトへ走者一掃の適時二塁打を放って9対0とした。6回裏、4番永嶋七海内野手(2年)の二塁打が飛び出し、10対0となり、6回コールド勝ちで、初戦突破を決めた。

 攻守で力を発揮した拓大紅陵。それでも和田監督は「サインミスも多くあり、反省点が多かった試合です。公式戦を戦ってこそ成長できると思いますので、1試合でも多く公式戦を積めればと思っています」と振り返った。主将となった川上輝良内野手(2年)は、和田監督はかなり真面目な性格と評価し、また川上自身も主将になりたい思いが入学当時からあったという。今春から出場機会も多くなり、前チームの中村 瑠斗主将(3年)から色々学んでいたという。また選手としても川上は強肩が光る遊撃手で、三遊間の深い位置からでもダイレクト送球できる肩の強さがある。守備の動きもよく、県内では注目の選手になっていくだろう。

 背番号1の竹内界翔投手(1年)が長身から繰り出す130キロ前半の速球には角度があり、ストライク先行の投球ができる。さらに単調にならずにテンポよく投球を組み立てられる。これから出力は上がっていくと思うが、コントロール重視でこれほどの投球が高校1年秋でできるのは頼もしい。和田監督は「今の投手陣では一番コントロールがよく、安定している投手」と高評価する。

 和田監督のチームへの評価は厳しいが、それでも経験者は多く、プレーのスピード感を見れば、強豪校と実感させるものがある。代表決定戦での戦いにも注目が集まる。

(取材=河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2023.12.04

【トレーニング特集】目指せ冬場のレベルアップ! 編集部オススメ10の方法!

2023.12.04

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2023.12.04

DeNA・神里の弟・神里陸(國學院大)が決意表明!「プロに入るためには、来春のリーグ戦が勝負」

2023.12.04

あの抱擁は苦難を乗り越えた男の成長の証だった【2023年神奈川県・高校野球ベストシーン】

2023.12.04

2024年のチームリーダーに宗山塁が指名!「世界最強を狙うチームの精神的支柱になれる」と指揮官 【大学日本代表候補選手強化合宿最終日レポート】

2023.12.04

【トレーニング特集】目指せ冬場のレベルアップ! 編集部オススメ10の方法!

2023.12.02

【一覧】2023年 プロ野球 引退・退団・戦力外選手リスト

2023.12.02

ドラフト3球団競合・高橋純平が引退!2015年ドラ1たち「8年後の明暗」、 メジャーリーガーからスカウト、軟式に転向した選手など多種多様

2023.11.30

2020年阪神ドラフトが早くも「伝説」レベル!MVP・新人王に3年連続20本塁打のスラッガーが誕生

2023.12.03

センバツ21世紀枠推薦校予想】九州は全国屈指の進学校か連合チームか、困難極める選考に

2023.12.04

【トレーニング特集】目指せ冬場のレベルアップ! 編集部オススメ10の方法!

2023.12.02

【一覧】2023年 プロ野球 引退・退団・戦力外選手リスト

2023.11.11

決勝は国分中央VS神村学園

2023.11.12

2度の指名漏れ 悔しさをぶつけた久保田拓真の3ラン!パナソニックが快勝!<社会人日本選手権>

2023.11.14

大学準硬式が生んだ剛腕・道崎亮太、甲子園で圧倒的な投球を見せて、拓けるか「プロへの扉」<大学準硬式甲子園大会開幕>