試合レポート

【春季関東大会】センバツVの両エース打ちで勝利に貢献!逆転タイムリー放った池田翔吾(常総学院)は指揮官も絶賛の打棒の持ち主!

2024.05.22


池田 翔吾(常総学院)

【トーナメント表】春季関東大会 結果一覧

<春季関東大会:常総学院6-5健大高崎>◇21日◇準々決勝◇上毛敷島公園野球場
健大高崎の最速152キロ右腕・石垣 元気投手(2年)が自己最速の152キロを計測も、5回6失点。2番手の佐藤 龍月投手(2年)は、4回を無失点に抑えたものの、常総学院打線が序盤のリードを守り切った。

勝利した常総学院の打線で存在感を放ったのは、3番・池田 翔吾外野手(3年)だ。150キロを連発していた石垣に対しても、「相手の球威を借りて打つ」ことを意識。3回に二死満塁の好機で打席が回ると、「2ボールと打者有利のカウントだったので打てて良かった」と、右中間を破るタイムリーで逆転に成功する。5回にもヒットを放つと、7回には佐藤と対峙し、「スライダーを待っていた中で、真っすぐがきて少し差し込まれてしまった。それでも甘く入ってきたので捉えることが出来た」と逆方向へうまく運んだ。

センバツ優勝の立役者となった両エースからヒットを放った打棒に指揮を執る島田 直也監督も、「池田はどこでも状況に応じたバッティングをしてくれるので使いやすい。好投手にも臆せず、自分で修正していい打撃を見せてくれた」と手放しで称えた。池田自身も、「常総学院に入って、頭を使って打つことを学んだ。島田監督の言葉をよく聞いて、選手全員がノートをとって身に着けている」と実践だけでなく、技術面でも向上を図ることで成長につなげているという。

勝利を喜ぶ暇もなく、島田監督は選手たちにプレーの改善を求める。「全国優勝を経験した投手を打って、打線も1点差で勝てたことはよかった。それでも守備でミスが出てしまっては、夏は勝ち上がれない」と、気を引き締めていた。

〈関連記事はこちら〉
◇【春季関東大会注目野手一覧】
◇【春季関東大会注目投手一覧】

 

この記事の執筆者: 塩澤 風太

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【沖縄】興南は中部商と那覇の勝者、ノーシード沖縄尚学はエナジックのブロックで名護と初戦で対戦、沖縄水産と未来沖縄が初戦で激突<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】12日に小樽支部の抽選会!北照の牙城を崩すチームが現れるか<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.10

【北海道】札幌支部は11日に抽選会!27連勝中の北海に、20年ぶりに春全道大会出場の大麻にも注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商