試合レポート

東海大菅生の2年生左腕・上原慎之輔はチームの歴代名左腕に負けないポテンシャルの持ち主だ!【春季関東大会逸材分析】

2024.05.21


上原 慎之輔(東海大菅生)

【トーナメント表】春季関東大会 20日までの結果

<春季関東大会:東海大菅生3-2昌平>◇20日◇準々決勝◇上毛新聞敷島野球場

東海大菅生が5年ぶりの関東大会ベスト4進出を決めた。昌平戦で好投を見せたのは2年生左腕・上原 慎之輔投手。スリークォーター気味から繰り出す直球は常時120キロ台後半〜136キロを計測し、120キロ台前半のスライダー、スプリットを両サイドへ投げ分ける。浦和ボーイズ時代から130キロ台前半の速球を投げ込んでいた投手だった。昨年、プロ入りした日當 直喜投手(楽天)のドラフト前取材で、東海大菅生グラウンドで投球練習を見かけたが、1年生とは思えないほどキレの良いストレートを投げ込んでいた。2年生の段階で主力投手へ登り詰めており、順調に成長をしている。

近年の東海大菅生の左腕エースといえば、2019年の中村 晃太朗投手(JFE東日本)、2021年に春夏甲子園出場に導いた本田 峻也投手(亜細亜大)がいるが、どちらかというと中村寄りの投手だろう。中村は左スリークォーターから130キロ台中盤の速球と3種類のチェンジアップを操る技巧派だった。上原もスリークォーター気味でネット裏から見ると良く似ている。若林弘泰監督は「ポテンシャル自体は(中村)晃太朗より上でしょう。だが投手としては足りない物が多くあります」と厳しい。現状の課題についてこう語る。
「野球に対する考え、物事の捉え方が私と彼の会話を見ても物足りなさを感じます。あとは完投能力。晃太朗の場合、しっかりと試合を作れて完投が出来る投手で、考えも意識も高い投手でした。そこを乗り越えていけば、先輩投手に負けない投手になるでしょう」と期待する。

強打の昌平打線相手に無失点に抑え、完封を狙ったが、9回に制球を乱し、途中降板。若林監督は「上原については一本立ちしてもらいたい思いで、完投してほしかったんですが…。今日は無失点に抑えていたとはいえ、先頭打者に四球を与えたり、コントロールもばらつきがありました。課題はありますが、楽しみにしている投手です」と厳しく見ながら上原を育てている。
上原も「今日は完投したかったですが、9回はコントロールを乱してしまい悔しかったです。前半はストレートとスプリットが上手く投げ分けができたので、次回に向けて修正したい」と意気込んだ。

関東大会の経験で、さらに打たれにくい投手へ成長できるか注目だ。

【トーナメント表】春季関東大会 20日までの結果

<関連記事>
◆【関東大会注目チーム紹介】東海大菅生
◆【春季関東大会】東海大菅生3番・小上防登生の先制打が決勝点!元ヤクルト・宮本慎也氏の教えでさらなる成長遂げる!
◆【春季関東大会注目投手一覧】
◆【春季関東大会注目野手一覧】
◆あのスターたちも春季関東大会に出場していた!モノが違った8人の逸材たち

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.10

仙台育英卒業生の進路は超豪華! 主将はプロ入り、主力は早大、明大、中大ら名門へ進学し、すでにデビュー組も多数!

2024.06.09

徳島招待試合2日目は天候不良のためノーゲームに、第2試合も中止を発表

2024.06.09

大阪桐蔭、敗れる! センバツ8強・阿南光の吉岡を攻略できず、エース平嶋は7回被安打10【徳島招待試合】

2024.06.09

【大学選手権注目選手リスト】ドラフト指名漏れの真鍋慧(大商大)ら大物ルーキーが全国デビュー! 青学・西川&大商大・渡部のドラ1候補スラッガー、早大・伊藤、仙台大・渡邊ら3年生の好投手も登場!

2024.06.10

【大学選手権注目ドラフト候補・野手編】”飛び級日本代表”の青学・西川に大商大・渡部ら全国のスラッガーが神宮に集結!

2024.06.08

慶應義塾が15安打12得点で強打健在も投手陣に不安 先発小宅は5回途中で降板【香川招待試合】

2024.06.04

神村、鹿実の壁を破れ! 国分中央は「全力疾走・最大発声・真剣勝負」で鹿児島の頂点を狙う

2024.06.10

仙台育英卒業生の進路は超豪華! 主将はプロ入り、主力は早大、明大、中大ら名門へ進学し、すでにデビュー組も多数!

2024.06.05

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在36地区が決定、徳島の第1シードは阿南光!第2シードに池田!<6月5日>

2024.06.06

大阪桐蔭が選抜ベスト8の阿南光ら4チームと対戦!<招待試合>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得