News

交流戦開幕、初戦の注目は髙橋宏斗vs.今井達也の初対決!

2024.05.28


今井 達也(西武)、中京大中京時代の髙橋 宏斗

5月28日から、セ・パ交流戦がスタートする。2005年から始まったインターリーグは、今年で20年目を迎える。今年はどんな戦いが見られるのか。

初戦のカードで注目したいのが、中日と西武の対戦。予告先発が発表され、中日は髙橋 宏斗投手(中京大中京出身)で、西武は今井 達也投手(作新学院出身)。いずれも高校時代は超高校級と騒がれ、プロ入り後も活躍している。年齢は今井が4学年上で、髙橋が「挑戦」する立場になる。

この2人の対決は初めてだが、高校時代は対照的だった。今井は作新学院(栃木)のエースとして2016年夏の甲子園の優勝投手となった。一方、髙橋は「不遇の右腕」だった。2年秋に東海大会を制し、明治神宮大会に出場。3試合すべてに登板し、先発、リリーフで活躍しチームを優勝に導いた。翌年のセンバツに出場することも決まっていたが、コロナ禍でのセンバツ開催中止、夏の大会も中止という不遇を味わう。甲子園交流戦で勝利し、チームは公式戦無敗のまま高校生活を終える。華やかな今井とは違うが、「全国一」を味わったプライドはある。大先輩の胸を借りるつもりで、マウンドに上がることだろう。

髙橋に追い風となるデータもある。昨年、交流戦に3試合登板したが防御率は0.00。オリックス、楽天、ロッテ相手に2勝0敗、22.2回を投げ27三振も奪っている。22年はソフトバンク、西武と対戦し0勝1敗、防御率3.00からの成長を見せつけた形だ。髙橋にとって今年の交流戦「開幕投手」のマウンドは、22年に敗れた西武へのリベンジの機会にもなる。

お互い直球のキレを大きな武器としている。高校時代に一時代を担った右腕同士の投げ合いが、手に汗握る投手戦となることを期待する。

<関連記事はこちら>
◆【中日】今年の新戦力の通信簿
◆低迷するチームのカンフル剤に! 西武の昇格が待たれる二軍選手3人
◆プロ野球 開幕から活躍を続ける「5人のルーキー投手」の“今後”は!?

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.18

桐光学園16強進出! 継続試合も「学校に戻り対策を練った」法橋が投打に活躍、スクイズ失敗直後にタイムリー「なんとしてもカバーしたかった」【神奈川大会】

2024.07.18

花咲徳栄、エースが「ほぼストレートだけ」で1イニング三者連続三振!148キロ右腕・上原堆我が夏に見せた進化【埼玉大会】

2024.07.17

長野8強決定!松商学園、長野日大、東海大諏訪、佐久長聖などが勝ち上がる【2024夏の甲子園】

2024.07.18

向上が3年ぶりのベスト8!2回裏に同点本塁打で勢いづき、藤沢翔陵を圧倒

2024.07.17

【全国注目シード校・成績速報】神奈川では2校が4回戦で姿を消す、大阪、島根ではシードに明暗、昨夏初戦敗退の智辯和歌山はコールド勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」