Interview

ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】

2019.12.30

 大学生ナンバーワン左腕と目される早川隆久(早稲田大 木更津総合出身)。前編では東京六大学野球で感じた洗礼を糧にしてレベルアップする様子を描いたが、後編では小宮山監督のアドバイスからどう生かしていったのか。そしてラストイヤーの意気込みに迫っていきたい。

ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 | 高校野球ドットコム前編はこちらから!
大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】

データ面から自分を整理することが「プロとして意識が高い選手」

ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 | 高校野球ドットコム
インタビューに応じる早川隆久

 早川隆久にとって小宮山悟監督の就任は投手としてレベルアップする大きな出会いとなった。早川は小宮山監から登板した試合をデータ的に振り返るアドバイスをいただいた。
 「たとえば土日のリーグ戦で投げた試合の分析を行っています。映像を振り返りながら投球フォームを見て、自分が見ても気づいていない癖をデータ班のスタッフとともにチェックしています」

 そうすることで、いろいろ気づきが感じられた。この行動はプロとして勝負していくには大事な行動だと教わった。
 「監督からは自分の良い点、悪い点を区別しないとステップアップにつながらないよとアドバイスをいただきました。『そういうふうに自分から気づいて、行動に変えられることがプロとして意識が高い選手だよ』と教わって。プロで長年経験している監督さんの経験を与えてくれて、成長できています」

 振り返りの作業を習慣化することは、言葉にすると簡単なようだが、なかなか難しいものだ。早川にこの作業ができたのは、下級生の時から野球ノートをとっており、練習、試合の振り返りをやっていたことだ。

 小宮山監督のアドバイスで、振り返りの仕方がアップデートしたということだろう。早川はデータとして整理することで試合の準備に入っていきやすいと語る。
 「自分の中でデータ面まで整理することができれば、いざ試合に入ったとき、整理ができる。準備がないとてんぱってしまう急いでしまうので、準備することでいざとなった時に役に立つかなと思います」

ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 | 高校野球ドットコム
大学代表として高校日本代表相手に投げた早川隆久(早稲田大)

 さらに大学3年になってずっと磨き続けてきたカットボールをマスターした。1年生の時から投げようと思っていたが、なかなか投げることができなかったが、リリースの仕方を変えた。
 「今までは捻ろう、捻ろうと思っていたのですが、ボールを握る中指と人差し指を切るイメージで投げたところ、うまく投げられるようになりました。ストレートと同じ軌道で曲がってくれるので、凡打を打ち取ることが多くなりました」

 またカーブも森下暢仁(明治大)から教わり、高回転のカーブをマスター。大学3年では第1戦で任されることも多くなり、春秋合わせて5勝。投球イニングも96.2回と多く投げた。

 早川で特筆すべきは重大な怪我がなく、投げられていることだ。早川が順調に球速、変化球の精度を高めているのは、故障しないことが大きいだろう。早川は故障には細心の注意を払っている。まずキャッチボールでの意識は下半身と上半身の連動性を高めることを意識している。
「腕だけで投げてしまうと、肩、肘にダメージを与えてしまうので、下半身主導で連動することをイメージしています」

 また週1回は整体院に通院してメンテナンスを行うなど、常にケアを怠らない。大きな故障なし。だからラストイヤーは大きな進化する可能性がある。

[page_break:主将就任もプラスに変えて。現在の課題を乗り越え、日本一達成を]

主将就任もプラスに変えて。現在の課題を乗り越え、日本一達成を

ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 | 高校野球ドットコム
早川隆久(早稲田大)

 そして主将に就任した早川。多くの主将候補がいる中で、早川の取り組む姿勢、実績が一番ということで抜擢ということになった。普段の早川主将について牛島 詳一朗マネージャーはこう語る。
 「すごいしゃべるわけではありませんが、結果を出して、誰よりも練習をする男なので、発言力はある男ですね。しっかりとまとめています」

 取材日の練習を見ていても、かなり厳しい言葉を発するわけではないが、妥協を許さず、早川が厳しい練習に打ち込むのだから、選手たちは黙ってついていくしかない。

 この報道が出たときは驚きであったが、取材日で早川の練習姿勢、選手との距離感を見れば、主将選出は納得だ。早川は主将についてやりがいのあるポジションだと感じている。また主将をやるにあたって、主将経験者の先輩たちにアドバイスをもらった。

 「慶応大の郡司裕也さん、明治大の森下暢仁さん、小宮山監督も大学時代は主将でしたし、また主将だった小島(和哉 現ロッテ)さんと、そういう方々の話を聞いて共通点していたのは、チームを作ろうと思うのではなく、選手個人個人が感じて動けるチームほど強くなると。
 僕はやることは結果を残し、たとえば第1戦の先発に任せられれば、勝って、良い雰囲気に持ち込むなど、プレー面でチームに良い流れを持っていくことが大事だと思いました」

 特に郡司のアドバイスが大きかった。
 「郡司さんはかなり面白い方なのですが、なかなか話してくれなかったんです。でも主将に就任した連絡したところ、すごい祝ってくれて。主将について聞いたら、『そんなに主将はやることないよ』とお言葉をいただいて、とても気持ちが楽になりましたね」

 そう語る早川の練習姿勢を見ると、とても自然体のように感じる。

ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 | 高校野球ドットコム
最後に意気込み語った早川隆久(早稲田大)

 ここまで東京六大学通算7勝12敗、155.2回、182奪三振、防御率3.18と負け越しをしているが、早川の能力からすれば十分に勝ち越しができて、ドラフト1位でプロ入りした森下暢仁大分商ー明治大)のように無双したピッチングも期待できるだろう。その実現にあたって、早川は現在の課題を口にした。

 「まだコントロールがダメです。変化球もストレートも、高めに浮いてしまうと威力がなく、軽さを感じてしまうので飛ばされてしまいます。だからアウトロー、インローをいつでも投げられるコントロールは身につけたいと考えています」

  理想は東京六大学最多奪三振476を記録した大先輩・和田毅(福岡ソフトバンク 浜田出身)のようなストレートだ。
 「和田さんのように突き刺さるようなストレートを投げたいですね。ままだ自分は150キロが出ても棒球なので」

 それでも通算で見れば投球回を多く上回る奪三振を記録しているだけに、ピッチングの精度がさらに高めれば、さらに安定した数字が期待できるだろう。

 大学ラストイヤー。もちろんプロへの憧れはある。その前に目指すは日本一だ。
 「目標としていてプロ野球はありますけど、プロを意識すると思うように行かないことが多いので、主将の立場として投げる試合は勝って、チームに勢いを与える。その積み重ねで日本一になれればと思います」

 個人の成績で具体的な目標数字は挙げなかったが、先発した試合をすべて勝利に導く投球ができれば、大学生ナンバーワンピッチャーという称号を与えられるような実績を残していてもおかしくない。それを目指せるだけのポテンシャル、意識の高さが早川隆久にはある。

 また早川投手が語るストレートの投げ方、変化球を投げるポイントについては、特別編として後日公開!!写真、映像を交えながら紹介するので、お楽しみに!

(取材=河嶋 宗一

関連記事
◆連載 2020年インタビュー
前編を読む⇒大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの
重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.11

福岡大大濠に現れた大型右腕・柴田獅子! 山下舜平太に次ぐドラフト上位指名クラスの逸材だ!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.07.11

神戸国際大附が滝川の150キロ右腕を攻略し、3回戦進出!【24年夏甲子園・兵庫大会】

2024.07.11

MAX120キロ”遅速左腕”が完投! 豊富な投手陣誇る桜井が昨秋4位校破る【24夏・奈良大会】

2024.07.10

【全国注目シード校・成績速報】神奈川、山梨、京都でシード勢がすべて初戦突破、福岡では鞍手が1点に泣く【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】