Column

ブームが起きそうな大阪桐蔭の効率的ボール回し、体幹トレーニングを特別公開!

2019.12.29

 2018年、史上初の二度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭。しかし2019年は春、夏ともに甲子園出場ができず、悔しい1年となった。3季連続甲子園出場なしは避けなければならないという思いからスタートした今年のチームは近畿大会決勝まで勝ち進み、2年ぶりの選抜出場が近づいている。

 今回は2020年、オリンピックイヤーでの飛躍が期待される大阪桐蔭特集を半年ぶりに再開します!3回目はトレーニング編です。

鉄壁誇る大阪桐蔭の守備の神髄は体幹にあった

ブームが起きそうな大阪桐蔭の効率的ボール回し、体幹トレーニングを特別公開! | 高校野球ドットコム
ボール回し中の大阪桐蔭の選手たち

 大阪桐蔭の選手は一気に冬の間に伸びるが、それはトレーニング内容、練習内容から見ても感じ取れる。

 まず捕球練習。ここから見ても意識の高さを感じられる。キャッチボールは徐々に広げて遠投を行って、中間距離でクイックスローの練習。そこから送球練習に入る。

 短い距離でのキャッチボールは3種類行っていた。まず半身体型から股関節を動かすことを意識したキャッチボール。続いて、アンダースロー気味のスローイングで体幹部を意識し、さらに正座の体勢から投げるキャッチボール。ただ腕だけの意識では投げられない。体幹部分を意識してコントロールよく投げる意識が見られる。

 

 ここまでは下記動画の2分28秒~5分02秒あたりをみていただくと、イメージがつかめるはずだ。

 続いてボール回しに入るが、ただのボール回しだけではなく、ランダンプレーが織り交ぜたボール回しがある。ただのランニングスローではなく、たとえば、ホーム側がいる選手は一塁を向かう途中で、一塁から二塁へ向かう途中の選手へ投げる。

 二塁へ向かう選手は後方からボールを受け取るため、胸元に投げないといけない。多くの野球経験者にこの動画を見せたところ、非常に難しいと話をしていた。

 しかもこれは時計回りだけではなく、反時計回りを行う。当日の練習ではノーエラーを30本を行っていた。そして短い距離のボール回しを行う。半身の態勢から素早く投げる。

 これをノーエラー100本行う。大阪桐蔭の選手たちは、西谷監督のユーモアたっぷりのプレッシャーも跳ね除け、しっかりとやり切った。文字にすると簡単なように見えるが、繰り返すが、野球経験者からすると難しいという声が多く届いた。

 抜け目がない練習が、大阪桐蔭鉄壁の守備を築き上げているのだろう。

[page_break:大阪桐蔭が実践するトレーニングの数々を紹介!]

大阪桐蔭が実践するトレーニングの数々を紹介!

 そして大阪桐蔭は体幹のトレーニングを重要視していることだ。もちろんウエイトトレーニングを行っており、西谷監督によると上半身のウエイトと下半身のウエイトの間に中1日休みおいて、計4回行っている。投手は上半身のウエイトトレーニングは少なめ、下半身メニューが中心となっている。ウエイトトレーニングの様子の動画は2018年で取材した動画(動画はこちら)を見ていただきたい。

 当日の取材日では体幹を鍛える3種類のトレーニングを行っていた。
・TRXトレーニング
・ロープトレーニング
・メディシンボール投げ

 この3種類について、説明能力が高い146キロ右腕・関戸康介(1年)に詳しく目的を解説していただいた。どのようにトレーニングしているかは動画をご覧いただくと幸いだ。

・TRXトレーニング

 天井からつるされたロープに両足をかけて行うトレーニング。取材日は体幹を中心としたメニューが組まれたが、ロープに両足をかけることで安定性が失われ、バランスが崩れやすい。

 その状況の中で体を安定させるために体幹、特に石田コーチが口にしていた「おなかの中心」に意識を置くことで力が体の中心に集まりやすくなる。

 その結果バランスが保たれるようになり、実際のプレーの中でも簡単に体勢が崩れないボディーバランスが手に入るのだ。

 この4月から取り入れたというトレーニング。大阪桐蔭グラウンドの一塁側上部にあるテントにトレーニングセットがある。関戸はこのトレーニングの効果についてこう語る。
 「体幹、股関節、柔軟性をバランスよくとても効率の良いトレーニングだと思います。僕もこのトレーニングで股関節周りが広がりましたし、ピッチング前に行うとよくほぐれます」

ブームが起きそうな大阪桐蔭の効率的ボール回し、体幹トレーニングを特別公開! | 高校野球ドットコム
3種目のトレーニングについて語る関戸康介(大阪桐蔭)

・ロープトレーニング

 2人1組になって1人は前へ進み、もう1人が後ろからついていく形。捕球態勢の高さまで腰を落として前向き、横向きになって進んだり、時にはジャンプをしたり。そしてダッシュをするといったメニューを消化していく。

 ただし、ロープはしっかりと張ってある状況からスタートし、後ろの人間は前の人間に引っ張られるような形で進んでいく。つまり前の人間はただ進むのではなく、もう1人分の体重を引っ張る必要があり、下半身の強さが求められる内容だ。

 関戸はこう語る。
 「バネ、体の粘りがついて、とても投球動作につながる良いトレーニングです」と語る

・メディシンボール投げ

 メディシンボール投げはいわゆるただ遠くへ投げるのではなく、ネットを超えるように投げる。そのため全体を使って投げないと超えられない。

 関戸は「とてもきついですが、体幹と軸を上手く使って正しい投げ方で投げないと意味がないと思うので遠くに飛ばすというより正しいフォームで投げることでピッチングにもつながっていきます」

 このトレーニングは多くの選手がきついと感じており、146キロ左腕・松浦慶斗(1年)は「ウエイトトレーニングとは別のところが筋肉痛になります」と悲鳴を上げていた。

 全体を鍛える大阪桐蔭のトレーニング。こうした取り組みが驚異的なパフォーマンスを生んでいるのだろう。またピッチング練習を見ると石田コーチが1人1人の投球フォームの欠点に沿って指導している。

 ある投手には軸足をあらかじめプレートから押さえつけて投げたり、30メートルの距離から投げたり、長い棒を使って投球動作を修正したり、少し歩いてから投げたりと多種多様だった。

 まさに無駄がなく、いろいろな取り組みを行う大阪桐蔭。多くの選手を伸ばす仕組みができており、長年、強さを維持できる理由もうかがえるトレーニングだった。難しいものはなく、参考にできそうなばかり。ブームが起きそうなトレーニング内容だった。

(文・河嶋 宗一

関連記事
どんな結果でも日本一を追求しつづける毎日は変わりない 大阪桐蔭【後編】
大阪桐蔭 26年ぶりセンバツ連覇への「ラストストーン」
憧れは中田翔!2年生4番・西野力矢(大阪桐蔭)はチームの勝利の為に打ち続ける

大阪桐蔭特集2020 配信スケジュール

12月23日(月)
【動画】過去最大の大阪桐蔭特集がクリスマスイブからスタート!

12月24日(火)
【コラム】3季ぶりの甲子園出場・全国制覇を狙う大阪桐蔭の現在地。「我の強い集団が1つになったとき」
【動画】大阪桐蔭のバッティング練習にド接近!西野や池田など秋の主力組が快音連発!

12月25日(水)

【コラム】超一流だけではない。全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る vol2


【動画】大阪桐蔭のボール回しを肌で感じる!覇気の強さがビンビン伝わる!

12月29日(日)
【コラム】野球部訪問 トレーニング編
【動画】トレーニング編

12月30日(月)
【インタビュー】関戸康介

★26日~31日まで、年内はまだまだ大阪桐蔭のインタビューや野球部訪問を公開するよ!

1月3日(金)
【動画】「大阪桐蔭野球部の今」スペシャル編

★1月もまだまだインタビューや野球部訪問を公開するよ!お楽しみに!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.13

21世紀枠推薦校の鶴丸、2試合連続で接戦を制する!光った「声のベンチワーク」【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.14

創部3年目・エナジックが昨夏王者にコールド勝ち!東海大福岡は8強入り【九州実力校・13日の試合結果】

2024.07.13

北北海道が開幕!士別翔雲、旭川実、北見柏陽が8強入り【夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】