Column

元中京大中京OB・西川世一氏(株式会社ESSPRIDE社長)が語る、高校野球が教えてくれたこと

2019.12.11

 少し日差しが傾きつつも、どこか秋らしい強い日差しが差し込む愛知県名古屋市昭和区。東海道新幹線・名古屋駅から地下鉄鶴舞線で20分ほど離れたいりなか駅が最寄り駅で、閑静な住宅地の中に構える学校こそ、全国区の名門校・中京大中京だ。

 先日行われた明治神宮大会では優勝を決めた、秋の日本一のチーム。2009年には堂林翔太(広島東洋カープ)を擁して、日本文理との大接戦の末に甲子園を制した経験もある甲子園勝利数日本一の中京大中京。今回はそんな中京大中京で1996年にプレーし、現在は株式会社ESSPRIDEで代表取締役を務める西川世一社長にお話を伺い、当時の話を語っていただいた。

元中京大中京OB・西川世一氏(株式会社ESSPRIDE社長)が語る、高校野球が教えてくれたこと | 高校野球ドットコム
このシリーズの他の社長のストーリーを読む!
【一覧】人生で大切なことは高校野球から教わった

愛する母校への進学は相思相愛で決まった

元中京大中京OB・西川世一氏(株式会社ESSPRIDE社長)が語る、高校野球が教えてくれたこと | 高校野球ドットコム

 15時過ぎ、タクシーから降りたがっちりとした体格の男性。全身エンジ色のスーツを身に纏い、落ち着いた佇まいで中京大中京の前に現れた人物こそ、西川世一社長だ。

 軽く挨拶を済ませ、校舎の奥にあるグラウンドへ足を運ぶ。人工芝のグラウンドにダイヤモンドの部分が土になっている長方形のグラウンドの周りを歩きながら、バックネットの方へ移動。全体練習が始まる少し前とあって、グラウンドにはまだ選手たちが準備をしているところだった。

元中京大中京OB・西川世一氏(株式会社ESSPRIDE社長)が語る、高校野球が教えてくれたこと | 高校野球ドットコム

 現在チームを指揮する高橋源一郎監督は、西川社長の1つ下の後輩にあたる。挨拶を済ませると、チームの話へ。取材日は東海大会真っ只中で、神宮大会、そして選抜出場がかかった大事な時期。チームの状態や試合の話で盛り上がりを見せている姿を見て、西川社長も1人のOBとして、しっかりと後輩たちの戦いを見守っていることが分かった。

 その後、グラウンドに降りて記念撮影をするなど、後輩・高橋監督と練習前のひとときを楽しんだ西川社長。そのままレフトの方へ歩みを進める。現役時代、慣れ親しんだレフトのポジションへ到着し、腰を下ろすと当時の話を始めた。

 「卒業してから20年以上経ちましたが、グラウンドに来たのは、その時以来です。やっぱりレフトを見ると、当時のノックのシーンだとか、大藤監督にミスして呼ばれてホームまで全力で行って叱られるシーンとかを思い出しますね」

 小学生の時からプロ野球選手を夢に見ながらも、地元・中京大中京の試合を見に行くほど強いあこがれを持っていた西川社長。小学生の時から春日井ボーイズで投手兼外野手として活躍。周りのチームメイトは愛工大名電享栄へ進学する中、西川社長のもとには念願の中京大中京からの話が舞い込んできた。

[page_break:多くのことを経験して社長という会社の監督になった]

多くのことを経験して社長という会社の監督になった

元中京大中京OB・西川世一氏(株式会社ESSPRIDE社長)が語る、高校野球が教えてくれたこと | 高校野球ドットコム
中京大中京のグランド

 西川社長はもちろん迷うことなく中京大中京への進学を決意。だが、中学3年生の夏の時に行った際に、環境に衝撃を受けた。
 「周りの同級生には140キロ以上を投げるような投手や、先輩方も凄くて『場違いだ』と思うほど凄いレベルが高かったです。けど、上下関係や礼儀を学ぶことが出来ましたし、中京大中京で良かったと思っています」

 また大藤監督との出会いも西川社長にとっては大きな財産となった。
 「これまでで一番厳しくしてくれたのは大藤監督でした。あの時の厳しさや学んだことが今になって活きています」

 そんな大藤監督のエピソードで西川社長はこんな話を持ち出した。
 「僕が思うように活躍できない時に、僕のポジションに主将が来たんです。そうなると僕は2番手になってしまうので、負けたくないですし悔しかったので練習するんです。そうすると、主将はいつのまにか前のポジションに戻っているんです。そういう性格を見て成長のきっかけを作れる監督は凄いと思います」

元中京大中京OB・西川世一氏(株式会社ESSPRIDE社長)が語る、高校野球が教えてくれたこと | 高校野球ドットコム

高校時代の西川世一社長

 西川社長は腰の怪我の影響で1年ほどグラウンドに立てない長期離脱があるなど、挫折を経験。しかしバッティングを武器に強豪・中京大中京で存在感を示し続け、怪我から復帰後はレフトのスタメンの座をつかみ取ることに成功した。だが最後の夏、愛知大会準決勝でチームは敗れて甲子園出場とはならなかった。

 その後、中京大中京を卒業した西川社長は大学へ進学するが、「父のように経営者になりたい」という夢を叶えるべく、大学を3ヶ月で辞めて経理学校へ転入。音楽イベントのプロデューサーと平行して、様々な経験を積んで父が経営していた紙器製造会社に入社。新規事業を模索し、広告代理店へアポイントをかける営業活動の日々を過ごしてきた。

 しかしある日限界を感じてしまった西川社長は、新たな挑戦を始めようと決心し、お菓子を切り口にしたビジネスモデルを構築。そして2005年に株式会社ESSPRIDEを設立して、商品プロデュースを軸に幅広い展開をして企業を拡大してきた。最近では、社長チップスが有名だ。

 現在は東京に本社を構え、全国で展開するエスプライド。そのエスプライドというチームの監督として全体を管理する西川社長。高校野球と今の仕事の共通点があるか聞いてみると、「仲間と一緒に結果を残す、目標に向かっていくところは同じ。なので、もっとシンプルに仕事を考えてもいいのかもしれない」と答えてくれた。

 そんな西川社長の人生の恩師である、大藤敏行監督との対談の模様は次回ご紹介します。次回もお楽しみに。

(文/田中 裕毅

元中京大中京OB・西川世一氏(株式会社ESSPRIDE社長)が語る、高校野球が教えてくれたこと | 高校野球ドットコム
このシリーズの他の社長のストーリーを読む!
【一覧】人生で大切なことは高校野球から教わった

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」