Interview

北海道日本ハムファイターズ 上沢 直之投手【前編】「名将・持丸監督の出会いで開花したサッカー少年」

2014.12.15

 プロ入り3年目の昨シーズン、北海道日本ハムの上沢 直之投手は、開幕5試合目の先発のマウンドを託される。上沢投手にとっては一軍初登板・初先発だったが、6回を3安打1失点に抑える好投で、1軍初勝利を挙げる。その後も上沢投手は勝ち星を積み重ね、8勝をマーク。一躍、1軍のローテーション投手になった。

 11年のドラフトで北海道日本ハムに6位指名された後、専大松戸高の投手として、当サイトのインタビューに答えていただいた(2012年2月6日公開)上沢投手に再登場をお願いし、水泳とサッカーに熱中していた小学校時代から、飛躍の3年目までを振り返っていただいた。

【上沢 直之選手の2012年インタビューはこちら!】
第89回 北海道日本ハムファイターズ 上沢 直之選手

野球とは無縁の小学校時代が今のベースに

 上沢投手が本格的に野球を始めたのは中学生になってから。実質5年半のキャリアでプロ選手になった。小学校低学年で野球を始める選手が多い中、上沢投手は希有な例であると言えよう。

上沢 直之選手(北海道日本ハムファイターズ)

 小学校時代は水泳に熱中する。学校の水泳部に所属する一方で、スイミングスクールにも通っていた。「野球は遊びでもほとんどやらなかった」そうだが、「子どもの頃の水泳の経験が、投手をする上で役に立っていると感じる」という。

「水泳をやっていたことで、肩甲骨の可動域が広くなったのは確かでしょう。周りからもよく、肩周りが柔らかいと言われます」
上沢投手が投げる時、腕が長く見えるのは、これも理由の1つか。

 そして、サッカー少年でもあった。ポジションはディフェンダー。上沢投手は「そんなに強いチームでなかったですし、サッカーの経験は野球にはつながっていないような…」と言うが、走り回ることで、少なからず下半身強化ができたところはあったろう。

 小学校時代に野球とは無縁だった上沢投手にとって、大きなアドバンテージになったのは「変なクセがつかなかったことです」

実は中学入学当初、上沢投手はかつぎ投げだったという。故障につながるこのフォームは、コーチの指導ですぐに修正できたが、これも「かつぎ投げが、体に染み込んでいなかったからでしょう」

 もし小学校時代に野球をしていたら、フォームの修正は容易でなかったに違いない。上沢投手のフォームはその時に修正されて以来「ほとんど変わっていません」
ボールを投げる機会も少なかったので、肩、肘も消耗していなかった。
「高校の時だったか、肘のレントゲンを撮ってもらったら『きれいな肘をしている』と褒められまして。小学時代に投げ過ぎなかったのが良かったのでしょう」

 もっとも、苦労したところもあったそうだ。
「野球のルールがよくわからないんです。フォースプレーとタッチプレーの区別がつかなかったり(笑)。みんなは子どもの時に自然に覚えたことを、中学で学習しなければなりませんでした」

このページのトップへ

[page_break:自らやる練習はレベルアップの伸び率が高い]

【上沢 直之選手の2012年インタビューはこちら!】
第89回 北海道日本ハムファイターズ 上沢 直之選手

自らやる練習はレベルアップの伸び率が高い

 先に“上沢投手が本格的に野球を始めたのは中学生になってから”と書いたが、上沢投手に言わせると「本当に本格的な野球人生がスタートしたのは、専大松戸高に入学してから」だという。上沢投手がいた松戸市立第一中は、上沢投手が在学中に一度、県大会に出場したものの「さほど練習は厳しくなく、普通の部活動という感じでした」

上沢 直之選手(北海道日本ハムファイターズ)

 しかし専大松戸高は、千葉の強豪校の一角。上沢投手は「はじめの頃はだいぶきつかったですね(笑)。走っても遅い方で、練習についていくのが精一杯でした」と明かす。
野球を始めてまだ3年。入学時で180センチと上背はあったものの、中学時代はさしたる実績もなく「ホント、自分は“普通の投手”だと思ってました」

 そんな上沢投手に高い潜在能力があると、一目で見抜いたのが、竜ヶ崎一高、藤代高、常総学院高を甲子園出場に導いた持丸 修一監督だ。上沢投手は持丸監督から、いきなりこう言われたという。

「お前はプロになれる」―

「持丸監督が高校野球では名の知れた監督さんであることは、実は入学してから知ったんですが、持丸監督は、(ともに東北楽天の美馬 学藤代高-中央大-東京ガス>と井坂 亮平藤代高-中央大-住友金属鹿島>といった)好投手を育てた実績もあると聞きまして。その持丸監督がそう言うのだから、信じてやってみようと」

 上沢投手は1年秋にベンチ入りを果たすと、2年春にエースの座をつかむ。ところが、大会期間中に肩を痛めてしまう。上沢投手は持丸監督から「大事な試合で投げられないような投手はエースじゃない」と一喝されたという。

「そこからですね。“自分でやらないと”という気持ちになったのは。練習もやらされる練習から、自らやる練習に変わり、自分のケアもしっかりするようになったんです」
プロでは当然ながら、自らやらなければならない。自らやらなければ淘汰される世界だ。

 上沢投手は「自分でやるスタイルが高校2年春の段階で身に付いたのは、プロになった今、大きかったと思っています」と言う。そしてこう言葉を重ねた。
「レベルアップの伸び率も、自らやる練習の方が断然高いような気がします」。
上沢投手は高校時代、甲子園出場こそ成らなかったが、2年はベスト4に。3年春は、2年の冬にかなり追い込んだ練習をした成果か、県準優勝を飾っている。

このページのトップへ

[page_break:帝京高戦の好投でプロでもやれる手応えをつかむ]

【上沢 直之選手の2012年インタビューはこちら!】
第89回 北海道日本ハムファイターズ 上沢 直之選手

帝京高戦の好投でプロでもやれる手応えをつかむ

上沢 直之選手(北海道日本ハムファイターズ)

 上沢投手にとって、この高校2年春の出来事が1つ目のターニングポイントだとしたら、2つ目は3年春に訪れた。オープン戦が解禁されたばかりの3月のある日、上沢投手は帝京高とのオープン戦で、8回まで無失点の投球をする。

「当時の帝京高には、今は同僚ですが、同級生でプロ注目の松本 剛(北海道日本ハム)らがいました。毎年そうですが、この時のチームも実力派揃いで、夏は甲子園に出場しています。その帝京高相手にしっかり投げられた。この時ですね。プロになれると手応えを感じたのは。僕を見に来られるスカウトの数が増えたのも、そこからのような気がします」

 この試合、特に良かったのが真っ直ぐだったという。
「僕の場合、いい時は力みがなく、リリースだけに上手く力が集約でき、力を入れていないのに伸びるんですが、まさにそういう感じでした」

 上沢投手は最速147キロの真っ直ぐとともに、スライダーも得意球にする。スライダーを覚えたのは高校時代だという。

「はじめは自分なりのスライダーを投げていたんです。一般的な右打者の外に曲がるスライダーですね。それでけっこう三振も取れていたのですが、持丸監督からそのままではダメだと言われ、タテスラを覚えたんです。内側にひねるのではなく、外側にひねるように投げる。するとジャイロ回転になってタテに曲がるのです」

 現在もタテ・ヨコ2種類のスライダーを操る上沢投手だが、ヨコのスライダーはプロに入ってから改良し、「今は横にクッと鋭く曲がる感じでしょうか。打者が詰まりやすいボールです」

 ところで上沢投手は高校時代、エースとはどんな投手だと認識していたのだろうか?

「自分の出来次第でチームの勝敗が決まる。それがエースだと思ってました。チームの命運を握っているのがエースだと」

 前編では、高校時代を振り返った。その後、上沢投手はドラフト6位で北海道日本ハムファイターズに入団するが、2年目まではプロの壁にぶち当たることとなる。そして昨年、ブレークした要因については後編で語っていただきます!

(インタビュー・上原 伸一

このページのトップへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】