印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第77回 延岡学園高等学校 岩重章仁選手2011年08月10日


 華やかな大舞台・甲子園。そこでは、全国的に知られていない1年生が彗星の如く現れ、大観衆を魅了することがある。PL学園の桑田真澄、清原和博、大阪桐蔭中田翔・・・。
 彼らは甲子園という大舞台でメディアのスポットライトを浴びて一躍、スーパー1年生としてその名を日本中に知らしめる。当然、甲子園で活躍することは並大抵のことではない。だが、甲子園に出場していなくても、各地にスーパー1年生が潜んでいることを忘れてはいけない。

 今年4月に開催された第128回九州地区高校野球大会で、高校入学間もない15歳3ヶ月の若き大砲が、右へ左へと二打席連続弾を放ち、衝撃のデビューを飾った。

 延岡学園の1年生・岩重 章仁である。

 逸材の宝庫といわれる九州に突如出現したスーパー1年生。今夏、甲子園での全国デビューこそならなかったが、今秋以降、是非注目したい次世代のスター候補であることは間違いない。

【目次】
中学時代を振り返って(軟式から硬式へ)
延岡学園に入学して
新チームのこれから


プロ野球ドラフト会議2013特設サイト

【次のページ】 延岡学園高等学校 岩重章仁選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

岩重 章仁
岩重 章仁(いわしげ あきひと)
  • 生年月日:1996年01月21日
  • 出身地:宮崎県串間市
  • 延岡学園高等学校
  • 大平小2年から「大平少年野球」で軟式野球を始める。大束中学では野球部(軟式)に所属し、投手、捕手、遊撃手などを経験し、3年夏にはエースで4番として県大会ベスト8に進出。さらに同年秋にはKボールの宮崎選抜チーム(宮崎K-CLUB)に選出され、4番を務め、全国大会出場。
  • 延岡学園では、入学直後から5番・一塁手で出場し、いきなり九州大会で二打席連続弾を放つなど衝撃のデビューを飾った。50メートル6秒2(中学時の計測タイム)。好きな言葉は「努力と感謝」。180センチ、78キロ。右投右打。
【関連記事】
第525回 宮崎県展望「剛腕投手輩出県こと宮崎。今年も藤谷、森、木幡などプロ注目がズラリ!!」【大会展望・総括コラム】
第37回 日南学園が先頭だが13年夏準優勝の延岡学園も追随し、宮崎日大、鵬翔なども(宮崎)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第66回 2017年ドラフト先取り!【投手編】この1年でどれだけ本物の投手になれるのか?【ドラフト特集】
第361回 いきなり都城vs延岡学園が実現!近年では最も混戦の宮崎を制するのは?【宮崎抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第47回 今大会はなぜエラーが多いのか?甲子園で勝ちあがる守備力の指標とは?【高校野球コラム】
延岡学園vs花巻東【第95回全国高校野球選手権記念大会】
延岡学園vs弘前学院聖愛【第95回全国高校野球選手権記念大会】
延岡学園vs飯野【宮崎県 2012年秋の大会 第131回九州地区高校野球宮崎大会】
延岡学園vs宮崎学園【宮崎県 2011年夏の大会 第93回宮崎大会】
鹿児島実vs延岡学園【2011年春の大会 第128回九州地区高校野球大会】
岩重 章仁(延岡学園) 【選手名鑑】
延岡学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー