第653回 根尾昂(大阪桐蔭)【後編】危機感を胸に。センバツ連覇狙う2018年03月06日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]目覚めた秋。神宮での悔恨
[2]根尾は二刀流をどうとらえているのか?


  3月23日に開幕する「第90回選抜高等学校記念大会」。出場36校中、ただ1校権利を持つ「センバツ連覇」を目指して戦うのが大阪桐蔭である。昨年の主力選手の多くは今年も健在。ドラフト候補としてもNPBのスカウトから熱い視線を注がれている。そこで高校野球ドットコムはその注目選手たちを独占徹底紹介。第2回で取り上げるのは根尾 昂である。

 昨年はセンバツ優勝時のマウンドに立ち、昨秋は投げては最速148キロ、打っては5本塁打を放ち、近畿大会優勝に貢献。NPB12球団が1位候補として注目する「二刀流」の素顔に迫った2編に渡るインタビュー。頂点に立った昨年のセンバツから、昨秋の戦い直前までを取り組みと共に振り返った前編に続き、後編では根尾選手自身が秋の戦いを多角的視点から分析。センバツへの意気込みも存分に語って頂きます。

根尾昂(大阪桐蔭)【前編】春の栄冠・夏の反省・秋への具現化から読む

目覚めた秋。神宮での悔恨


近畿大会・準決勝で完封勝利の根尾昂選手(大阪桐蔭)

 前編でお話頂いた取り組みを披露する場となった昨秋公式戦ですが、大阪府大会決勝の履正社戦では粘りに粘って7球目のストレートを振り抜いてライトへ3ランホームラン。ここは根尾選手の取り組みが出たような印象があります。
根尾 昂選手(以下、根尾)  そこまで「振りながらタイミングを取る」を強く意識したわけではないですが、あの場面は相手捕手も抑えるために、いろいろな球種を要求していましたし、それを粘って、粘って、甘くなったところを打ち返すことができました。
 履正社戦については、試合の後半で身体の使い方を修正できたこともよかった点です。試合序盤は投手に合わせすぎて体が硬くなっていたので、体を柔らかく使おうと思っていたところ、ベンチから『柔らかく、柔らかく!』という声も飛んでいた。それを意識したら、ホームランを打つことができました。

―― 近畿大会ではさらに打棒がうなりました。初戦・京都翔英(京都)では右中間最深部への本塁打。
根尾  打った球はスライダーです。相手投手はスライダーを多投していましたし、2ボールからでしたが、これまでの配球パターンを見てきて、ボールカウントからストライクを取る傾向にありましたので、そこを狙って打つことができました。

―― 智辯和歌山(和歌山)との決勝戦でも決勝本塁打を放ち、優勝に貢献。
根尾 スライダーが甘く入ってきましたので、そのボールを打ち返すことができました。

―― そう根尾選手は簡単に言いますが「甘く入ってきたボールを見逃さず打ち返す」は多くの打者にとって永遠の課題です。根尾選手はどんな心がけでそこを実践しているのですか?また、練習法も教えていただければと思います。
根尾 僕は投手をやっているからわかるんですけど、失投は「投手のミス」なんです。
 ですから、失投を打てないというのは、投手からするととても助かる。だから甘い球を打てないと勝てないですし、良い投手になればなるほどその球が来ないんです。
 では、そこをどう捉えるかというと、練習から小さくまとまりすぎず、オーバースイングになりすぎず、コンパクト且つ強いスイングを持続できることが大事だと思います。 ただ、僕自身もそこはうまくいっていない部分。まだまだ課題は多いです。

―― 神宮大会の2試合を振り返ると、いかがでしたか?
根尾 野手として課題が残った大会でした。打撃、走塁、守備のすべてで足が使えていなかったですね。本当に動きがよくなかったです。

―― 「投手・根尾」についても聞いていきたいと思います。16奪三振を記録した近畿準決勝の近江(滋賀)戦は、平均球速140キロ台。状態も良かったように感じます。
根尾 確かに、近江戦の状態は良かったです。これまでと比べたら、ストライクゾーンに投げ込むことができましたし、有利なカウントで勝負することができました。

―― この試合ではスライダーも120キロ後半。手元で鋭く曲がりますし、精度も高かった。
根尾 秋では球速が速いスライダーに投げることにこだわっていましたので、言われたようなスライダーを投げられたことは自信になりました。

―― では逆に昨秋公式戦での投球面における課題とは?
根尾 初回からマックスでいけていないことです。今までの登板を振り返ると、初回の内容が悪いので、立ち上がりからしっかりとしたピッチングを見せる。それが今のテーマです。

【次のページ】 根尾は二刀流をどうとらえているのか?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

大谷 拓海
根尾昂(ねお・あきら)
  • ポジション:投手、遊撃手、外野手
  • 身長:177センチ73キロ
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第9回 香川県から発信する「高校野球200年構想」【四国発】
第718回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
第498回 近大附(大阪)【前編】「エース頼みのチーム脱却へ 自ら動いた選手たち」【野球部訪問】
第703回 夏のセンターポジションへ!「ガチの」大阪桐蔭に香川の4校が挑む!【大会展望・総括コラム】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第709回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
愛知産大三河vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs桜丘【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs東邦【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第708回 徳山壮磨(大阪桐蔭ー早稲田大学)「大阪桐蔭のエースへ。努力を継続した3年間」 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
第493回 福井工大福井(福井)1年目の集大成として100回大会を取る!【野球部訪問】
第151回 大阪桐蔭が誇るNFコンビ 根尾昂・藤原恭大が日体大相手に存在感を示す!【ドラフト特集】
大阪桐蔭vs日本体育大学【2018年 練習試合(交流試合)・春】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー