第406回 れいめい高等学校 太田 龍投手【前編】「勝つ喜びを知っているから…」2016年05月26日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]中学3年間で23センチ
[2]ケガとの闘い
[3]会心の神村学園戦、屈辱の鹿児島実戦

 身長189.5センチ、体重88キロ。このサイズだけでも将来を夢見たくなる。近年プロで活躍する鹿児島出身の本格派投手といえば、3年前の二木 康太鹿児島情報→千葉ロッテ)だが、二木の高3夏時点でのサイズは187センチ、73キロ。太田のサイズが規格外なのが分かるだろう。憧れのプロ野球選手に「日本ハムの大谷 翔平関連記事を挙げるのも、自分と似たものを感じるからだ。

 少し前に、れいめいと同じ薩摩川内市内にある川内高校出身のプロに、木佐貫 洋(元オリックス)、宇都 格(元近鉄)がいたが、彼らも190近い長身の本格派投手だった。長身ではないが、3度のノーヒットノーランを達成し殿堂入りした外木場 義郎(元広島)は出水の出身。北薩には好投手を生み出す系譜があるのかもしれない。

 太田にも偉大な先輩たちと同じ、もしくはそれ以上の可能性が秘められている。だが、その潜在力に見合う結果を現時点までで残せていない。高校での2年間では県大会ベスト8が最高成績。れいめいは15年春に県大会優勝しているが、このとき太田は腰椎分離症の影響で冬場のトレーニングができず、ベンチに入れなかった。

 これまでの野球人生を振り返っても「悔しい思い出しか残っていない」と言う。だが挑戦をやめるつもりはない。「無冠の大器」に夏に挑む心境を聞いてみた。

中学3年間で23センチ

太田 龍投手(れいめい高等学校)

 出身はさつま町宮之城。小学1年から軟式野球を始めた。身長は元々高い方だったが、急激に伸びたのは中学校の3年間だという。「入学時で160センチだったのが、卒業する頃は183センチになっていました」。3年間で実に23センチも伸びたことになる。

 その「秘訣」に思い当たる節はない。「よく寝ていた」ことぐらいだろうか。中学時代も目立った実績はないが、鹿児島実樟南鹿児島情報など、強豪私学からは一通り声はかかった。その中で同じ北薩地区のれいめいを選んだのは「甲子園に出ていない学校に行って、強豪校を倒して甲子園に行きたいから」。

 1つ上の先輩・火ノ浦 明正(現専修大)の存在も大きかった。火ノ浦は出水市の高尾野中、太田は宮之城中。場所は離れているが同じ北薩地区であり、地区大会などで顔を合わす機会があった。中2の頃、一度練習試合で対戦したが、散々に打ち込まれた。以来、LINEなどで連絡を取り合う仲となり「お前も、れいめいに来いよ!」と誘われてその気になった。

このページのトップへ

【次のページ】 ケガとの闘い

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

太田龍
太田 龍(おおた・りゅう)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長・体重 189.5センチ88キロ
  • ■選手名鑑
    太田 龍
【関連記事】
第459回 20日開幕の鹿児島大会展望!上位進出のカギは「投手力」!!【大会展望・総括コラム】
第38回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して三すくみ状態に(鹿児島)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第448回 鹿児島の2016年を総括!樟南、鹿児島実「2強」健在も、底辺拡大への取り組みも!【大会展望・総括コラム】
第28回 予選敗退組の中にも剛腕がゴロリ!甲子園に届かなかったヒーロー特集【夏の大会特集2016】
志布志vsれいめい【鹿児島県 2016年夏の大会 第98回選手権鹿児島大会】
第344回 【鹿児島抽選会後 展望】鹿児島実筆頭に「6強」がV争いの軸【大会展望・総括コラム】
第407回 れいめい高等学校 太田 龍投手【後編】「無冠の大器、夏への決心」 【2016年インタビュー】
れいめいvs池田【鹿児島県 2016年 第58回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
鹿児島実vsれいめい【鹿児島県 2015年秋の大会 第137回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
れいめいvs出水【鹿児島県 2015年夏の大会 第97回選手権鹿児島大会】
れいめいvs枕崎【鹿児島県 2014年秋の大会 第135回九州地区高校野球大会鹿児島県予選】
太田 龍(れいめい) 【選手名鑑】
れいめい 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー