この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
【5月特集】大会から逆算した投手調整方法
夏の大会まであと2か月!試合のカギを握る投手陣はベストピッチングするために、いよいよ6月からは調整に入るかもしれませんが、今回は「大会を逆算した投手調整方法」に詳しいスペシャリストたちにお話しを伺いました。ぜひ、その手法を学び、夏の大会では自分のベストピッチを披露しよう!

インタビュー

  • 菅野智之(読売ジャイアンツ)
    【5月20日公開】菅野智之(読売ジャイアンツ)

    入団3年間で、3年連続10勝。さらに今シーズンも開幕1ヵ月で3勝0敗、2完封、防御率0.56とまさにエースに相応しい活躍を見せる菅野智之投手に、日頃どんな調整法をしているのか?また、今シーズンからこだわって取り組み始めたことなどをたっぷりと伺いました!

野球部訪問

  • いなべ総合
    【5月1・2日公開】いなべ総合(三重)【前編】【後編】

    この春、センバツに出場したいなべ総合は、過去に多くの好投手を輩出してきました。今回は、そんないなべ総合独自の投手トレーニング法を紹介!さらにチームで取り組んでいる大会から逆算した調整法も紹介します。

  • つくば秀英
    【5月11日公開】つくば秀英(茨城)

    つくば秀英出身の好投手といえば、山田投手(ソフトバンク)、江柄子投手(巨人)、塚原投手(オリックス)など数多くいます。大会で力を発揮できるためのつくば秀英の投手育成メソッドは、全国の球児たちの参考になること間違いなし!

社会人野球から学ぶ

  • 大阪ガス
    【6月20日・21日・22日】第1回 大阪ガス第2回 大阪ガス

    昨年は若手投手の活躍により都市対抗準優勝を果たすなど、大きな注目を集めた社会人野球の強豪・大阪ガス。毎シーズン、スキルが高い好投手が揃う大阪ガスの投手陣に、公式戦へ向けた調整法などを伺いました。

このページのトップへ