選抜までにココを成長!神宮大会出場野手編【出動!球児に聞き隊!】2017年11月22日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今回の球児に聞き隊は、選抜までに何を成長させたいか?です。各地区の優勝校だけが出場できる、明治神宮大会。来春の選抜出場が当確している中で、秋の日本一を決める大会です。
 今回は出場選手に、選抜までにどこを伸ばしたいかを聞きました。それぞれ自分の課題、目標があると思います。どんな回答が得られるのでしょうか?今回は野手編です!

選抜までに自分のどこを伸ばすか?!

・確率の高い打撃ができるようにする(明徳義塾・谷合)
明徳義塾の主砲・谷合 悠斗。1年夏から中軸を任されていた谷合だが、今秋は不振に陥り、神宮大会準決勝まで6番に座った。しかし静岡戦で本塁打を放ち、復調に兆しを見せ決勝では4番に復帰。3安打の猛打賞の活躍を見せ、優勝に大きく貢献した。そんな谷合は「確率のある打撃を身につけたいです。さらに鋭い打球を打ちたいですし、体と相談しながらですけど一回り体も大きくしたいですね」と抱負を口にした。今夏、甲子園で本塁打を記録した打棒を選抜でも見せてほしいですね!

・バッテリー間のコミュ二ケーション(中央学院・池田)
初の神宮大会出場となった中央学院。正捕手の池田 翔は「自分たちにプレーができなかった」と悔しさをにじませた。優勝した明徳義塾相手に、終盤追い上げたものの敗戦した。「(二刀流のエース)大谷 拓海をリードする上で支えきれなかったので、バッテリー間のコミュニケーションを増やさないといけない」と反省を口にした。選抜でさらに高いレベルとなった池田選手を見てみたいものです!

・長打力を身につける(日本航空石川・小坂)
こちらも初出場となった日本航空石川の2番・小坂 敏輝は初戦の日大三戦で2安打を放ち勝利に貢献。しかし2回戦の静岡戦では無安打に終わり、チームも敗れた。小坂は「打撃はかなり良くなりました。しかしもっと良くしないといけない」と反省を口にした。「チームではマシンで速めのスピードに設定して見極めの練習をしていますが、自分は長打力を身につけたいです」と、攻撃的2番打者になることを誓った。選抜での活躍が楽しみです!

 決して現状に満足することなく、成長を誓った神宮大会出場選手たち。これからのオフシーズンでの取り組みが、選抜へと繋がるはずです。怪我に気を付け、選抜で活躍できるように頑張ってもらいたいですね!

 以上となります。神宮大会で残った課題をぜひ生かし、選抜で飛躍してくれることに期待です!来週は野手編を紹介します!お楽しみに!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第657回 木更津総合の優勝で幕が閉じた2018年春季千葉県大会!各校の戦いを総括!【大会展望・総括コラム】
大手前高松vs明徳義塾【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
専大松戸vs中央学院【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会】
第652回 「100回大会四国勢逆襲の夜明け」 春の土佐路対決は見どころ一杯!【大会展望・総括コラム】
中央学院vs東葉【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会】
第651回 28日開幕の千葉県大会!シード権獲得・関東大会出場をめぐって激戦の予感!【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs高知【高知県 2018年春の大会 平成30年度春季高知県大会】
第63回 星稜、金沢、遊学館の3強時代から日本航空石川も加わり4校の競い合い【石川県・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第641回 大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括【大会展望・総括コラム】
第655回 上田優弥(日本航空石川)「甲子園初アーチは右中間へ打ちたい」 【2018年インタビュー】
第639回 大谷拓海(中央学院)「応援してもらえる二刀流プレイヤーに」 【2018年インタビュー】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
池田 翔(中央学院) 【選手名鑑】
小坂 敏輝(日本航空石川) 【選手名鑑】
谷合 悠斗(明徳義塾) 【選手名鑑】
中央学院 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム