第101回 復調の兆しが見えた平元銀次郎(広陵)のストレート 完全復活の奇跡を起こす2017年08月18日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 三季連続甲子園ベスト4。走攻守に隙がなく、優勝候補・秀岳館を破ったのは名門・広陵だった。その原動力となったのはエース・平元 銀次郎だ。正捕手・中村 奨成は今大会3本目の本塁打で突き放し、プロ注目バッテリーはますます輝きを増している。


平元銀次郎(広陵)※写真 共同通信社

 攻める気持ちが見えた。やはり投手はストレートをしっかりと投げられて初めて相手と勝負できる。そう感じた平元 銀次郎の投球であった。

 最速146キロを誇る平元のストレート。広島大会では、長い腕をムチにしならせるようにして振っていき、145キロ前後のストレートを投げ込んでいた。広島の会場と甲子園で測定するスピードガンの違いはあるとはいえ、甲子園では140キロ前後。明らかにストレートが垂れていた。やはり投手は調子を維持するのは難しい。思い通りのストレートを投げられないのは、本人にとっては苦しいだろう。中京大中京の一戦は、カーブ中心のピッチング。いわゆる交わすピッチングだった。それでも6回を投げて8奪三振、2失点に抑えるところはさすがである。

 迎えた秀岳館戦。この試合のゲームバランスを握っているのは平元の投球であり、平元の投球がカギだと9日目の見所でも述べた。中京大中京戦と比べると、ストレートは140キロ前後とそれほど変わりないが、しっかりと角度があり、手元まで勢いが落ちないストレートとなっていて、十分に勝負できるピッチングだった。ストレートのコントロールも良く、カウントも取れるので、ストライク先行のピッチングができる。平元のマウンドの様子を見るとだいぶ落ち着きが見られた。

 平元の投球の変化で現れたのは、2ストライクからストレートで攻める投球が多くなったこと。1回戦では何度もカーブだったが、秀岳館戦ではストレート。リードする中村 奨成の素晴らしいフレーミング技術と強気なリードに助けられ、快調なピッチングを見せた。

 球数少なく勝負できたこともあり、8回まで投げて8安打打たれるも、四死球は0、8奪三振。本塁打による1点にとどめ、さらに勝ち越しスクイズを決めるなど、投打に渡る活躍で、三季連続甲子園ベスト4の秀岳館を破った。

 これで3回戦進出。3回戦進出は準優勝した2007年以来である。2007年は、野村 祐輔(広島)-小林誠司(巨人)とプロで活躍するバッテリーで勝ち進んだ。10年経って平元、中村のプロ注目バッテリーで勝ち進むのは、面白い偶然である。

 次は聖光学院。7年前、完封負けした相手である。中京大中京秀岳館と2校の名門を撃破した今年の広陵は選手層も厚く、打力、守備力も高く、さらに野球もきめ細かい。十分に頂点を掴めるチームとなっている。

 10年前、あと一歩で取り逃した深紅の大優勝旗。それを果たすには、平元が完全復活といえるピッチングを見せることである。連戦の中で、直球のアベレージを3キロ~5キロ取り戻すのは難しい。もし取り戻すことができたら、それは奇跡である。その奇跡が起こった時、広陵の全国制覇は大きく近づく。

(文=河嶋 宗一

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第2回 甲子園での躍進で認知された中京大中京、広陵の新ユニフォーム【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第78回 私学3強、開星が突出して石見智翠館と立正大淞南が追いかける【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第662回 王者・広島新庄が優勝 広陵、瀬戸内がノーシードに回り、夏は混とんしたものに【大会展望・総括コラム】
第631回 好素材がズラリ!広島大会地区別予選リーグ展望!【大会展望・総括コラム】
広陵vs市立呉【広島県 2017年秋の大会 広島県1年生大会】
第602回 福田 周平(広陵ー明治大ーNTT東日本)「現状に満足することなく、一つ一つ高みを目指すだけ」【後編】 【2017年インタビュー】
第598回 福田 周平(広陵ー明治大ーNTT東日本)「名門チームでの生き残り方」【前編】 【2017年インタビュー】
広陵vs大阪桐蔭【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
広陵vs東海大菅生【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
広陵vs天理【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
花咲徳栄vs広陵【第99回全国高等学校野球選手権大会】
平元 銀次郎(広陵) 【選手名鑑】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム