第40回 武田 翔太投手(宮崎日大-福岡ソフトバンクホークス)「試練から逃げず、努力したからこそ今の姿がある」【vol.3】2017年03月27日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
恩師が語るヒーローの高校時代 武田 翔太

【目次】
[1]入団会見が一番華やかな会見になったらいかん
[2]夏の準々決勝敗退は神様が与えた試練だった

「意識高く、練習を大切にする投手 右肩上がりの成長のかげに」【vol.1】
「成長のターニングポイントとなった大分遠征」【vol.2】

第3回はドラフト会議後のエピソードた、プロ入り後の活躍について河邊さんが思うことについて語っていただいた。

入団会見が一番華やかな会見になったらいかん

武田 翔太(福岡ソフトバンクホークス)

 屈辱の準々決勝敗退で高校野球を終えてから、1カ月あまりが過ぎた9月、武田は卒業後の進路を「プロ」と明確にする。10月のドラフト会議でソフトバンクが単独1位指名してプロ入りが実現した。

「甲子園には行けなかったけれども、3年間で同年代の中では間違いなくトップクラスといえるような投手に成長していました。進路に関してはそれなりに注目される選手だから、軽率な発言はするなと指導もしていました。いずれはプロに行くにしても、その前に大学に行くか、社会人に行くか、それとも高卒でそのまま行くか、いろんな選択肢があります。両親や担任ともしっかり相談して最後は自分で決めろと言いました。私は高卒の投手でドラフトにかかるなら、上位指名でなければその後が厳しいと考えていました。高卒で下位の投手は見切りをつけられるのも早い。いろいろ情報を集めて、1、2位で確実に指名されるであろうことは分かっていました。最終的にプロで行くと決めたのが9月の頃でした。

 ドラフトの日は、学校にテレビの中継が入って、1位指名が入るとすぐに握手を交わしました。本人にとっても指導者としても、良かったと思える出来事でしたが、プロは活躍しなければ意味がない。その場では言いませんでしたが、『入団会見が一番華やかな会見になったらいかん』とは常々言い続けていたことでした。

 入団して以降、彼とはたまに電話を掛けたり、キャンプを見に行くぐらいで、一ファンと同じ心境で接しています。いろんな紆余曲折はあるでしょうが、プロでも順調に成長していると思います。『九州のダルビッシュ』とか、同じソフトバンクに武田 一浩投手がいたことから『武田二世』とか、ビッグマウスだとか言われたりもしますが、本人はいたって謙虚で、いかにすれば勝てるか、いかにすればプロで通用する投手になるかだけを考えている。高校の頃、カーブ投手のイメージはなかったですが、あの投球法を伝授したのは佐藤 義則コーチや工藤 公康監督関連記事でしょう。彼はそういう良い人に恵まれている。今回のWBCも大谷の離脱があったからこそ最後に代表入りしましたが、そんな話題もあって注目される。そういう運も持っています」

【次のページ】 夏の準々決勝敗退は神様が与えた試練だった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第48回 恩師が語るヒーローの高校時代 上林 誠知「上林には4番打者が一番合っていた」VOL.1【恩師が語るヒーローの高校時代】
第46回 福岡ソフトバンクホークス・石川柊太(都立総合工科出身)「大成をもたらした純朴さと素朴さ」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第129回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編「3、4年先を見据えて!今年も高校生主体の指名か?」【ドラフト特集】
第563回 福岡ソフトバンクホークス・千賀 滉大投手「お化けフォークの秘密」【Vol.3】 【2017年インタビュー】
聖心ウルスラvs宮崎日大【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
宮崎日大vs宮崎学園【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
宮崎日大vs宮崎第一【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
第525回 宮崎県展望「剛腕投手輩出県こと宮崎。今年も藤谷、森、木幡などプロ注目がズラリ!!」【大会展望・総括コラム】
第550回 福岡ソフトバンクホークス・千賀 滉大投手「腕は勝手に振れるもの」【Vol.2】 【2017年インタビュー】
都城東vs宮崎日大【宮崎県 2017年春の大会 第64回宮崎県高等学校野球選手権大会】
第544回 福岡ソフトバンクホークス・千賀 滉大投手「世界のSENGA」を支える「腕振りの統一性」【Vol.1】 【2017年インタビュー】
日大三vs宮崎日大【2017年 練習試合(交流試合)・春】
第426回 宮崎日大高等学校(宮崎)「支え」「責任」「覚悟」そして「底力」【後編】【野球部訪問】
第437回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「自らの弱さと向き合うことで、もっと強くなれる」【後編】 【2016年インタビュー】
第436回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「日本一の安打製造機が語る、野球選手としての『あり方』論」【前編】 【2016年インタビュー】
武田 翔太(徳島商) 【選手名鑑】
武田 翔太(宮崎日大) 【選手名鑑】
宮崎日大 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム