猛打爆発!関東一がコールドで都立武蔵丘を下す!

本塁打を打った石橋(関東一)

 秋季東京都大会二回戦が江戸川区球場で行われた。第一試合は2年連続で夏の甲子園に出場している関東一都立武蔵丘の一戦となった。

 関東一は右の本格派のエース高橋 晴、一方の都立武蔵丘もエースの阿部 拓巳がマウンドに上がった。試合は序盤こそ攻めあぐねた関東一だったが、失点直後に打者一巡の猛攻を見せ試合を決定づけた。

 初回関東一は3,4番が四球で出塁するも後続が倒れ無得点。さらに2回3回とランナーを出塁するも都立武蔵丘の好守備に阻まれ得点することができない。

 すると4回都立武蔵丘がこの試合初のチャンスを作る。先頭の1番岡田 祐太が四球で出塁するなど一死二塁のチャンスを作ると津幡がライトへ先制タイムリーヒットを放つ。

 しかしその裏関東一打線が火を吹いた。先頭の5番石橋 康太が左中間スタンドへ同点ホームランを放つと、その後チャンスを作り、9番石田 優太、1番斎藤 未来也らのタイムリーで一挙6点を奪った。

 さらに6回9番石田が四球するなど無死満塁のチャンスを作ると、3番溝渕 龍之介、4番立崎 由祐の連続タイムリーで点差を広げると、最後は6番宮田 蒼太がレフト前に運びコールドが成立した。

 試合後勝利した関東一の米澤 貴光監督が「先制されても落ち着いてすぐに取り返すことができたのは進歩だと思う。しかしまだまだ課題が多く残る試合だったのでそれらをクリアして次に臨みたいです」と語ったように序盤のチャンスで1本が出ず先制されてしまうことなど課題がある前回王者の関東一。しかし米澤監督が語る通り、力があるチームであるため、公式戦で自分たちの実力を発揮できる準備ができるかが今後の鍵となる。

一方の都立武蔵丘はエースの阿部がキレのあるスライダーとストレートで緩急をつけ関東一打線相手に粘りの投球を続けていたが、やはり地力の差が出てしまい失点を重ねた。まだまだ伸び代十分な投手だけに一冬超えた活躍に期待したい。

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。