背番号は関係ない!八王子は層の厚さを武器に明大中野八王子をコールド勝ち!

先発・早乙女大輝(八王子)

 戦力層の厚さを物語る試合だった。

 1回裏から、八王子打線が爆発。一死三塁から3番椎原 崚(3年)の適時打でまず1点を先制すると、4番小野田直道(3年)が左越え本塁打でこの回、3点を先制。
さらに3回裏には椎原の適時打で4対1と点差を広げると、さらに4回裏には5番川越 龍(3年)の二塁打から始まり、一死三塁から7番櫻井 陸朗(2年)の内野ゴロの間に1点を返すと、その後、敵失や9番早乙女 大輝(2年)の適時打などで4点を追加。さらに5回裏には一死一、三塁から6番櫻井の適時打で9対1と点差を広げる。安藤徳明監督は、「ここまでの3試合、ずっと同じオーダーだったことがないと思いますよ活躍した選手を見ると、背番号10番台だったり、前回の試合ではベンチスタートがスタメンで出場をしていて活躍している選手というのが多い。
3番椎原は堀越の試合では、代打から出場して2打数2安打。5番川端もスタメン出場。前回の試合で3番だった保篠友義(3年)が活躍。前回、スタメンだった神澤俊介(3年)がベンチスタート。とにかく入れ替えが多い。

 安藤監督は選手の層の厚さに自信を感じている。入れ替えができるので、選手たちはいつでもいけるぞという準備ができる。なので、10番台の選手が出場をしていても、活躍ができるのだ。主将の川端も、「代われる選手がいるので、何かあっても任せたぞと安心ができるので、思い切ってプレーができると思います」と今年のチーム状態について自信を持っていた。

 投げては今大会で成長を見せたという背番号11の早乙女が好投。170センチ62キロと上背はそれほどないが、下半身主導のフォームから繰り出す速球は、125キロ~120キロ後半だが、キレがあり、スライダーの切れも良く、7回を投げて、4奪三振、1失点、1四死球と抜群の安定感で、完投勝利を挙げた。

 これでベスト16。都内でも安定感ある実績を残す八王子。今回の春季大会はあくまで夏へつながるための戦い。こういう経験を経て、どう変わっていくのか、楽しみである。

(取材・写真=河嶋 宗一

注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集