都立羽村、部員13人で掴んだ創部初の1勝!

好投した青木(都立羽村)

 「少ない人数ですけどこのチームは赴任5年目で一番練習しているし意識も高い、今日勝つことが不思議だとは思っていませんでした」
都立羽村・小森 雄太監督の言葉通り、ナインは勝ちたい気持ちを前面に出した結果10安打を放ち、東京都市大付を7対2で破って見せた。

 3回表、都立羽村の攻撃は一死満塁のチャンスから4番主将でもある野村 海人(3年)の内野ゴロが相手のミスを誘って、その間に、三塁走者に続き二塁走者まで生還。2対0と思わぬ形で先制した。続く一死一、二塁から5番・福田 和春(3年)が適時打を放ち3対0。さらに、7番・重黒木 敦(2年)の安打で1点を追加。

 その裏、東京都市大付が1点返し、6回裏にも1点を入れて4対2で迎えた7回表、都立羽村の攻撃は4番・野村から。
「低めの真っ直ぐを狙っていました。」
フルスイングをした打球は打った瞬間わかる本塁打を左翼席へ放ち1点追加、5対2とした。
あの本塁打を見せられたら、動ごかずにいられない東京都市大付ベンチは西尾を諦め、初回から準備していた左腕・野中 大幹(3年)にスイッチ。だが制球が定まらず、都立羽村打線に8回、9回も1点ずつ得点を許してしまい7対2。

 都立羽村は8回裏より先発左腕の青木 寛太(3年)から左翼手で出場していた重黒木にスイッチ。
重黒木が再三ピンチを迎えるも、相手打線に得点を許さず試合を締めた。都立羽村が7対2で東京都市大付を撃破し創部初の1勝を13人の部員で掴みとった。

 都立羽村・小森 雄太監督は「一勝が目標でしたので素直に嬉しいです、冬の成果は出せたと思う。選手たちを褒めてあげたい。試合は先発・青木、リリーフ・重黒木で繋ぐことは決めていました。だがここからは選手たちにとって未知の領域、しっかり準備します」と嬉しそうに話してくれた。
都立羽村・主将の野村 海人は、
「本塁打は裏でスイングしてから打席に臨んだら打てました。自分はチームが苦しいときに一打を打てる選手になりたいと思って冬に振り込んできたので本当に嬉しかった。雰囲気も抜群に良かったので次もこの勢いで打って打って勝ちます」こちらも嬉しそうに話してくれた。

 一方らしくない戦い方で敗れてしまった東京都市大付ナイン。守備は6失策、投手は9四死球と明らかな自滅で敗れてしまった。スイング鋭い好打者も多いので夏に向けて再度ディフェンス面での整備が必要になってくる。

 勝利した都立羽村は4月3日、佼成学園との2回戦が決まった。

(文=高校野球ドットコム編集部)

2015年度 春季高校野球大会 特設ページ
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。