試合レポート

【春季東京都大会】東海大菅生は投打が噛み合い16強入り! 2年生左腕・上原慎之輔が8回2失点の好投で投手陣激化へ!

2024.04.08


東海大菅生 好投した上原 慎之輔投手(2年)

<春季東京都高校野球大会:東海大菅生5-2明大八王子>◇7日◇3回戦◇スリーボンドスタジアム八王子

東海大菅生と明大八王子が夏のシード権をかけて対戦。ここまで2試合をコールド勝ちで勝ち上がってきた明大八王子打線に対し、東海大菅生の2年生左腕・上原 慎之輔投手(2年)が8回2失点の好投。5対2で逃げ切り、3回戦突破を果たした。

 

上原は立ち上がりから最速141キロのストレートとキレのあるスライダーをテンポよく投げ込み、3回まで無安打とチームに流れを呼び込む投球を見せた。しかし後半は、「下半身がうまく使えなくなった」と連続四球でピンチを作り2失点。「最後まで投げたかった。トレーニングで下半身を鍛えて投げ切れるようになりたい」と悔やんだが、「エースとして投げる気持ちで頑張りたい」と負けん気の強さを見せる。序盤の投球は圧巻だっただけに、スタミナの向上が今後の成長のカギを握りそうだ。

 

上原に対し、若林 弘泰監督も、「勝ち方を知るという部分が足りない」と苦言を呈す。それでも2年生ながら先発のマウンドを託し、「変化球のキレあるので、スタミナと制球力をあげていけばいい投手になる」と評価していることからも、信頼の高さは伺える。9回に登板した小島 葵投手(3年)や背番号1を背負う宮本 恭佑投手(3年)など3年生投手も揃う中、春季大会でさらに競争が激化していく。

 

打線は初回に4番・大島 健真内野手の先制打で始まり、4回には髙西 航輝内野手(3年)がホームランを放つなど要所で得点を重ねて流れを渡さなかった。若林監督も、「バットの基準が変わっても、それを感じさせない打球を飛ばしている」と満足気な表情を浮かべる。今後に向けては、「ベンチの選手含めていい仕事をしてくれている。春季大会は選手を固定せず、経験を積ませたい」と、バットでの奮起を促している。

 

敗れた明大八王子の椙原 貴文監督は、夏に向け選手たちとの意識の共有を大事にしていくという。

「今日の試合は接戦の5対2なのか、力の差がある5対2なのか。自分は圧倒的に後者だった。攻撃は秋に比べて振りまけない選手も多く収穫もあるので、土台となる守備を整えながら、1点差の試合を勝ち切れるチームを目指したい」

ノーシードからのスタートとなるが、昨年の夏ベスト4に入った経験と今春の課題を糧に、初の甲子園出場を目指す。

 

〈関連記事はこちら〉

◇春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!

◇【東京】夏シードのベスト16決定!二松学舎大附、日大三がノーシード<春季都大会>

この記事の執筆者: 塩澤 風太

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】出水工が延長に及ぶ激戦を制して、サヨナラ勝ち

2024.05.28

春の福岡地区を制した沖学園(福岡)、勝利のカギは異例の「決勝直前沖縄合宿」だった

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】伝統の「中玉戦」は鹿児島玉龍の完封勝ち!

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】樟南vs鹿児島商 かつて「御三家対決」は、樟南が逆転勝利!

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】開幕戦は延長11回に及ぶ激闘!川内商工が5点差をひっくり返し、逆転サヨナラ!

2024.05.22

【春季関東大会】センバツVの両エース打ちで勝利に貢献!逆転タイムリー放った池田翔吾(常総学院)は指揮官も絶賛の打棒の持ち主!

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商