浦和学院打線が炸裂!好左腕を攻略し、4本塁打10得点で6回コールド勝ち



2本目の本塁打を打った喜屋武 夢咲(浦和学院)

<秋季高校野球埼玉県大会:浦和学院10-0武蔵越生(6回コールド)>◇22日◇3回戦◇レジデンシャルスタジアム大宮

 初戦で春日部共栄にコールド勝ちを収めた浦和学院武蔵越生と対戦した。

 武蔵越生の左腕・山畔 修太投手(2年)は威力のある直球を投じ、打線もしつこく、プレッシャーをかける攻撃が上手いチームだが、勝負は初回で決した。

 浦和学院は1回、1番・喜屋武 夢咲外野手(2年)の先頭打者本塁打で1点を先制。ポールぎりぎりの本塁打となり、喜屋武は「ファウルかなと思いましたが、うまく入って良かったです」と喜んだ。森監督もこの一発が大きかったと振り返る。

「本塁打になるか、ファウルになるかで大きく変わっていた本塁打だったと思います」

 さらに3番・小林 聖周外野手(2年)の二塁打から5番・渡邉 聡之介外野手(2年)の適時打で1点を追加。3回裏には渡邉の2ラン、9番浅田 健輔内野手(1年)の適時二塁打で1点を追加し、5対0とした。6回裏には浅田、喜屋武の2者連続本塁打で7対0とすると、なおも1死二、三塁から4番三井 雄心内野手(1年)の適時打で2点を追加し、三井の代走・河内 廉太朗(2年)が盗塁を決め、2死二塁から6番名波 蒼生内野手(2年)の中前適時打で10対0と6回コールド勝ちを収めた。

 春日部共栄武蔵越生と実力校相手に2試合連続コールド勝ち。武蔵越生も実力があるチームだが、確実に流れをつかんだ浦和学院の先制劇は見事だった。

 先頭打者本塁打を放った喜屋武は1年秋から試合に出場しているが、好打者タイプという印象が強いが、ここまで本塁打を打てる選手になったのには驚きだ。これで高校通算16本塁打に達した。昨年から始まった超攻撃的野球で、スラッガー揃いの先輩たちに刺激を受けながら、体全体を使ったスイングを身につけた成果がうまくでている。175センチ、74キロと1年生の時と比べても体つきががっしりし、打撃にも強さが出てきた。

 背番号20の田中 樹人投手(2年)は被安打3、四死球3を出しながらも9三振を奪った。最速142キロを誇る直球と、切れ味抜群の2種類のスライダーのコンビネーションがうまく効いた。特にスライダーの落差はかなり良い。

 準々決勝では聖望学園と対戦する。今夏の決勝で敗れた相手だけに、森監督は「リベンジするつもりで臨みます」と語り、田中は「夏の大会で0対1で負けた悔しさを忘れずに夏休みの練習、練習試合を行って、秋の大会に臨みました。自分たちの野球である超攻撃的野球を発揮したいと思います」。

 準々決勝の聖望学園戦はこの夏休みの練習の成果が試される試合となりそうだ。

(取材=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。