好投手・高橋怜央を攻略した智辯和歌山がコールド勝利!



ホームランを放った渡部海

 好投手・高橋 怜央などタレントを揃えて近畿大会の舞台に立った東海大仰星。対するは全国区となっている智辯和歌山。強力打線を前に東海大仰星先発・高橋は「変化球が苦手だと聞いていましたので、ストレートを見せ球に変化球で勝負したいと思いました」と事前の考えを語った。

 自慢のスライダーとカットボールを軸としたピッチングで立ち上がりから一巡目は、その作戦が見事にはまっていた。しかし二巡目からそのパターンが崩れた。

 互いに無得点で迎えた4回、智辯和歌山は二死一、二塁から5番・角井 翔一朗と6番・岡西 佑弥の連続タイムリーで3点を先制。そして5回には1番・渡部 海のホームランなどで一挙5得点と試合の流れを掴んだ。

 1年生ながら1番に座る智辯和歌山の渡部は、若干右肩が下がる形になるが、コンパクトなフォームでボールを呼び込み、鋭いスイングでボールを捉えていく。普段の練習から広角なバッティングを出来るように、逆方向への打撃を心がけているそうだが、その成果が出ているのではないだろうか。

 その渡部に2巡目以降について聞くと、「一巡目は低めのボールへ手を出していました。ですので、チームで目付を高めに設定して対応しました」と高橋対策を説明。こうすることで武器である高橋のスライダーを封じた。

 簡単に説明をしたが、実行するのは容易ではない。智辯和歌山では普段の練習や練習試合でも細かなところまで想定してバッティング練習をするとのこと。それが結果として、公式戦でも徹底事項をやり切れる実行力に繋がっているのだ。

 2巡目から捉えられた東海大仰星・高橋も「スライダーとカットボールが見分けられて、スライダーが狙われている感じだったと思いますが、自分のピッチングができず、相手の思うつぼだったと思います」とコメントした。

 リードをもらった智辯和歌山の先発・中西 聖輝は馬力だけではなく、切れも感じさせる身のこなし。ノーワインドアップから始まる投球フォームは、足をひねりながら上げていくことで、軸足に力を溜めて左腕でしっかりと目標を定めながらリードしていく。

 少し踏み出す左足が突っ張っているようにも感じるが、鋭く体を回転させて、切れのあるボールを投げ込んでいた。

 中西の好投もあり、6回まで8対0とリードしていた智辯和歌山。7回に1点を返されたが、それ以上の失点をさせずにゲームセット。東海大仰星を8対1で破った智辯和歌山がコールドで勝利した。

 今大会は市立和歌山小園 健太神戸国際大附阪上 翔也といった大型右腕がいるが、彼らに負けないポテンシャルがあるのではないだろうか。

 その小園との投げ合いが次戦では十分に考えられる。中西は「本当にすごいボールを投げてきますが、そこまで負けていると思っていません。総合力で勝負するので、試合で勝てるようにやっていきたいです」と意気込みを語った。

 同じ和歌山県勢同士の一戦はどんな内容となるのか。目が離せない。

(取材=田中 裕毅)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。