2019年04月02日 阪神甲子園球場

東邦vs明石商

第91回選抜高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

東邦・石川昂弥は緻密な制球力とインコース攻めで明石商打線を封じ込む

 東邦vs明石商の一戦は明石商中森 俊介東邦石川 昂弥の両エースの好投で緊迫した勝負となった。特に石川の投手としての成長ぶりは素晴らしいものがある。

 ステップ幅が狭く、体をあまりひねらない投球フォーム。日本人にはなく、中南米の投手を見ているような投げ方だが、非常にコントロールが良い。準決勝まで3試合の投手成績は22イニング、2失点、6四死球と抜群の安定感を見せている。

 東邦バッテリーがポイントに置いていたのが内角攻めだ。捕手・成沢 巧馬は配球の意図についてこう説明する。

明石商打線は打球も強いし、逆方向にも強い打球が打てる。いかにスイングをさせないことが大事なので、インコースにどれだけ強いボールを投げて、外角にしっかりと直球と変化球を投げてフルスイングさせない配球を心がけました」
それはピタリとはまるもの。石川は140キロ前後のストレートをインコースへ強いストレートが投げられて、一辺倒にならず外角へストレートとスライダーを集めることができる。明石商打線はインコースへ強いストレートを投げられるのは、想定していた。ただ狭間監督は「見極めができず、仕留めきれなかった」と悔やむ。明石商打線を抑えることができたのはコントロールだと捕手の成沢は説明する。
「もともと秋からコントロールは良かったのですが、春にかけてその精度が増したと思います。ボールギリギリのところを数球続けてコントロールできるのが石川の凄さです。でも投手を始めた期間は短いんですよ。しかもあの投げ方でコントロールできるのは天才としかいいようがありません」

右サイドの奥田も同調する。

「秋からコントロールできる投手でした。僕はあいつより投手やっている期間は長いのに、コントロールに苦しんでいるんですけど、あいつは特に理論的なものはなく、投げ方も野手投げっぽいのに、感覚でできるですよね。本当に天才です」 

 読者の皆さんも自分が好きな投手のフォームと石川の投球フォームを見比べながらイメージしてほしい。それでハイクオリティな投球を見せる石川がどれだけ異質な投手なのかが理解できるはずだ。

 一方、中森も連投があるとはいえ、ピッチングは相変わらず高クオリティ。140キロ前半のストレート、スライダー、スプリットを投げ分け、さらにここぞという場面で140キロ中盤のストレートで、ねじ伏せる投球と、完成度、投球の質が2年生ではない。

 しかし7回裏、東邦は7番・吉納 翼がレフトへ3ラン本塁打8回表、潜在能力が素晴らしい4番・安藤 碧が2ラン本塁打を放ち、1点差に追い詰めたが、8回裏、ここまで緻密な守備を見せてきた明石商の守備陣が崩れ、4点目を失う。

 この2点をリードしたまま石川は2失点完投勝利。ここまで力強い勝ち方を見せている明石商を封じ込んで、30年ぶりの決勝進出を決めた。

 大会前から優勝と意気込んで臨んだ東邦。苦しい試合もあったが、一戦ごとに攻守の精度を増す東邦の野球を見ると、やはりファイナリストに相応しいチームだ。

 果たして決勝戦では、どんな戦い方を見せるのか。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
中京大中京が期待通りに全国の頂点に立つも、愛知県内に多くの実力校が存在感を示した秋を振り返る! 【ニュース - コラム】
第990回 【秋季愛知県大会】中京大中京が日本一へ輝くも、各地区の猛者が実力の片鱗を見せた球国愛知の秋【大会展望・総括コラム】
第3回 入学当時は甲子園出場は厳しいだろうと思っていた 槙原寛己氏【前編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
東洋大が卒業生の進路を公開!ロッテに進む佐藤をはじめ6人が硬式野球継続! 【ニュース - 高校野球関連】
第971回 共に新ユニフォームで作った新しい歴史と伝統を築いた明治神宮大会決勝【高校野球コラム】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第10回 明豊高等学校(大分・九州沖縄地区代表)「今年の九州地区大本命!最強打撃陣&潜在能力が高い投手陣をかみ合わせて頂点を狙う」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明豊vs創成館【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1040回 プロで活躍する歴代のU-18代表の4番打者に続くスラッガーへ 石川昂弥(東邦)【後編】 【2019年インタビュー】
第1039回 自分たちの野球ができなかった最後の夏 石川昂弥(東邦)【前編】 【2019年インタビュー】
第1056回 府内屈指の右腕を日本代表入りの怪腕にさせたドラ1先輩のアドバイス 吉田大喜(日本体育大学) 【2019年インタビュー】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
第1050回 甲子園・W杯合わせて10勝。水上桂(明石商)は大舞台で勝てる捕手として邁進中! 【2019年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
第91回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

明石商頑張ってね❗明商30回生 2019.04.02
明商野球部の皆さん、悲願のベスト4おめでとうございます❗
まだまだ、通過点です❗
普段通りのプレーをして決勝に勝ち上がりましょう‼
東邦明日は今年のセンバツの準決勝カメ大王 2019.04.01
明日は今年のセンバツの準決勝ですね
ですから東邦高校が習志野高校と共に決勝進出を遂げることが楽しみです
東邦サイドの皆様は力強いバッターも揃う明石商相手に、自慢の強力打線には一刻も早く火を着けて今年の春休みの甲子園における勝利を目指して頑張って下さい
私は明日岡山県久米郡美咲町のエイコンスタジアムにて、岡山県立林野高校に拍手を送りに行くことを、その学校の野球部の顧問の先生に、おかやま山陽高校がある地域から拍手を送ることを約束しました
だからその試合中でも甲子園まで東邦高校が今年の春休みの甲子園における決勝進出を遂げることに成功するようパワーを送るつもりなのがマンマンなのです
私は明日終日岡山からカッコ良い(ロゴの)ユニホームを着続ける東邦高校を応援したいです
ガンバレ東邦!!めざせ甲子園における勝利(決勝進出)☆☆→めざせ全国制覇☆☆☆
東邦高校が今年のセンバツで決勝進出を遂げることを大いに強く楽しみにしています
明商だいすき!!受験生 2019.03.31
頑張れ!あたしも明商に高校入るために頑張る!!!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る