東京城南ボーイズで「ディマリニ」の試打イベント開催 弾きの良さに選手たちからは驚きの声

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.13

 関東のボーイズの名門・東京城南ボーイズにて、ディマリニ中学硬式用バットの試打イベントが行われた。今回、用意されたのは、ディマリニの最新モデルで、参加した1、2年生の東京城南ボーイズの選手たちは興味津々の様子で打撃練習を行った。

 ディマリニ中学硬式バットの最大の特徴は「ハーフ&ハーフ構造」というテクノロジーにある。「ハーフ&ハーフ構造」のバットは打球が当たる部分は金属製で、グリップ部分はカーボンで出来ているため、「しなり」が生まれてヘッドスピードがアップするというもの。飛距離が格段にアップする効果に加えて、「しなり」を生かした打ち方をマスターできることから、将来大学野球を目指す選手にもおすすめのモデルだ。

 「ディマリニ」を実際に試打した東京城南ボーイズの選手たちからは、「弾きの良さ」、「振り抜きやすさ」、「操作性」に驚きの声が挙がった。

 2年生の赤司雄世選手は、「よく弾いてライナー性の打球が遠くまで飛んでいきました」と話し、新型ディマリニバットの威力に驚きの表情を見せる。

 同じく2年生の田村奨梧選手も、「まずとても弾きが良いなと思いました。今、僕が使っているバットと違って、打った瞬間に弾きが良く遠くに飛んでいく感じがあって、とても気持ちよくバットが振れました」と、ディマリニの操作性に納得の表情を見せた。



ディマリニで打撃練習を行う東京城南ボーイズの選手

 2年生では唯一3年生と共に試合に出場している注目の山崎隆之介選手も、マシン打撃とティーバッティングを行い、「振り抜きやすかったですし弾きも良く、ヘッドが走る感覚がありました。買い換えるときはで是非これにしたいなと思いました」と話した。

 ディマリニの開発者である前村健司さんは、東京城南ボーイズの選手たちの反応を聞くと、満足した様子を見せた。

 選手たちからは「弾きの良さ」について驚きの声が多く上がったが、それについて前村さんは「『TT テクノロジーワイドプラス加工』という技術のお陰だと思います。バットの芯の両端を薄く加工することで、スイートスポットが格段に広がっています」と、ディマリニバットに搭載されたテクノロジーの一端を明かした。

 東京城南ボーイズは、春日部共栄のエースで4番だった村田 賢一関東一の3番を務めた渋谷 嘉人など、毎年多くの有望な球児を輩出する強豪チームだ。
 そんなチームの選手たちをも唸らせるディマリニ新型モデルは、その性能が際立ったバットであると言えるだろう。興味のある選手は是非手に取って見てはいかがだろうか。

(記事=栗崎 祐太朗)

【関連記事】
中学2年生にして身長187センチ!身体能力も抜群な山崎隆之介(東京城南ボーイズ)に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1003回 「大谷2世」の言葉はまだ使わない 無限の可能性を秘めた山崎隆之介(東京城南ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
中学時代からは想像が出来なかった?!中学時代の恩師が語った春日部共栄のエース・村田賢一 【ニュース - 高校野球関連】
第963回 松坂を育てた指揮官も絶賛!関東きっての韋駄天 今井海斗(東京城南ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第951回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【後編】 【2019年インタビュー】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第914回 4番エースに相応しい選手になるために 村田賢一(春日部共栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第14回 東京城南ボーイズ(東京)選手の伸びしろを考え高校での活躍を優先する【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】

コメントを投稿する

次の記事:
ドラ1候補・早川、200センチ左腕・今西などプロ志望の早稲田大トリオに対し、小宮山悟監督が求めること
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る