News

恩師が語るドラフト候補・佐藤柳之介(富士大)の高校時代「衝撃的な成長ぶりだった」【野球部訪問・東陵編③】

2024.04.17


富士大・佐藤柳之介

宮城県気仙沼市の私立校・東陵高校の野球部は大学などで活躍するOBを多数輩出している。現在の筆頭は今秋ドラフトの候補に挙がる富士大4年・佐藤 柳之介投手。高校時代から注目を集め、3年夏はエース左腕としてチームを宮城独自大会4強に導いた。恩師である千葉 亮輔監督に当時の印象などを聞いた。

「チームを勝たせるピッチャーになってくれ」

千葉監督が初めて佐藤の投球を目にしたのは、佐藤が中学3年生の頃。オープンスクールの際に放っていた球はスピードこそなかったものの、美しい球筋を描いていた。

ただ同期に右の本格派である佐々木 諒太投手(現・宮崎サンシャインズ)らがいたこともあり、中学での実績が乏しい佐藤は入学当初、決して抜きん出た存在ではなかった。それでも早い段階から急成長を遂げ、1年の夏休み頃には直球の球速と回転数が大幅に向上。千葉監督は「強いチームを抑えるのはこのピッチャーかもしれない」と予感した。「体が大きくなって、元々綺麗だったボールに力強さが加わった。衝撃的な伸び方でした」。期待値は一気に高まり、1年秋からは公式戦で先発の一角を任せた。

その後も順調に成長したが、「勝ち運には恵まれなかった」。好投しても打線の援護をもらえない試合が多く、公式戦で思うように勝ち星を積み上げられたわけではなかった。

どれだけ負けようと、千葉監督は「チームを勝たせるピッチャーになってくれ」と口酸っぱく伝え続けてきた。その言葉は大学進学後、体現されており、昨年の明治神宮大会初戦で上武大相手に3安打完封勝利を挙げるなど、全国大会でもチームを勝たせられる投手になった。千葉監督は「高校時代はなかなか勝たせてあげられなかったので、大学での活躍はすごく嬉しい。安田(慎太郎)監督はじめ、周りの方々に恵まれたんだと思います」と感慨深げに口にする。

後輩たちも刺激を受けており、同じ左腕の熊谷 太雅投手(3年)は「(佐藤は)左投手で球が速いので、自分もそれくらい速くなりたい」と話す。打線の中軸を担う沼田 和丸外野手(3年)も「佐藤 柳之介さんのように、全国で活躍して後輩に刺激を与えられる選手になりたい」と目を輝かせた。

佐藤がNPB入りを果たせば、東陵のOBとしては井上 純氏(元横浜など)、相原和友氏(元楽天)に次いで3人目のNPB選手となる。大学ラストイヤーのさらなる飛躍に期待がかかる。

千葉監督が「平等」を重視する理由

大学野球の舞台で奮闘する東陵OBは佐藤だけではない。高校時代は控え投手だった熊谷 蓮投手(東北工業大3年)は140キロ超の速球を投げる好左腕に成長し、恵まれた体格を持つ右腕の高橋 幸誠投手(東北学院大3年)もリーグ戦の出場機会を増やしている。

東北工業大・熊谷蓮

今春高校を卒業した代も、今春のリーグ戦開幕週で早くもスタメン出場し結果を残している今野 悠貴内野手(仙台大1年)、鴫原 琉仁外野手(石巻専修大1年)ら、楽しみな存在が多い。また大学で準硬式野球や軟式野球を選択するOBもおり、昨年は高校では4番を打っていた嶺岸 奎内野手(今春仙台大卒業)が大学軟式野球日本代表に選出された。

仙台大・今野悠貴

千葉監督は教え子たちの進路について「続けられる子は続けてほしい。草野球でも、指導者でもいいので、長く野球に携わってほしい」と考えている。だからこそ普段から、試合に出場する主力メンバーだけでなく、部員全員と平等に、全力で接している。

「高校で芽が出なくても、大学で芽が出る子がいるかもしれない。ここで花開いてくれたら嬉しいですけど、次のステージで伸びる子がいてもいいと思う。ここがピークじゃなくていいと思う。『君はレギュラーではないからもういいよ』と言ってしまうと、次のステージもなくなってしまいますからね」

そう語る指揮官は、それぞれの将来が輝くことを願って、優しいまなざしで選手一人ひとりを見つめていた。

(取材=川浪康太郎)

<関連記事>
◆昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】
◆仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】
◆仙台育英2年連続の快進撃に、様々な「初」も…宮城アマチュア野球の2023年10大ニュース
◆【高校野球ベストシーン’23・宮城編】雪辱を果たした一振りと完封劇で仙台育英が東北に勝利
◆東北大会にて 仙台育英を凌いで出場した宮城3代表に注目!

この記事の執筆者: 川浪 康太郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.11

【2024年最新版 スーパー中学生リスト】 関東地区の強豪校注目の遊撃手、高校スカウト殺到の大型左腕、中村剛也の長男など38人をピックアップ

2024.05.11

シニア日本代表が発表!選抜大会準優勝の主力打者、ベスト4の主将、優秀選手などが選出!

2024.05.11

【阪神大学】V7の天理大の戦力紹介!投手力、打撃力、機動力充実の布陣で大学選手権へ!

2024.05.11

名門・東海大相模の進路紹介!プロ注目打者は東洋大、エースは中央大で早くもリーグ戦に出場!

2024.05.08

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.06

センバツV・健大高崎は夏も強い! Wエース抜きで県大会優勝、投打に新戦力が台頭中!

2024.05.06

【関東】山梨学院と常総学院がそれぞれ優勝、出場校の対戦が確定<春季大会>

2024.05.06

【春季埼玉県大会】花咲徳栄4回に一挙10得点!20得点を奪った花咲徳栄が昌平を破り優勝!

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.21

【兵庫】須磨翔風がコールドで8強入り<春季県大会>