指導者同士で独自の試合も準備する動きも。福岡県内の公立校の指導者に聞いた、現場の声

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.03

 20日、戦後初となる夏の甲子園の中止が決定した。その後、各都道府県で独自の代替大会の開催できるかどうか、検討を重ねる日々が過ぎている状況。その中で25日、福岡県高校野球連盟が代替大会を開催しないことを発表した。

 この発表を受けて福岡県内の高校では、様々な反応があった。
 「学校が再開して、部活動も時間制限などをしながら今は徐々にやっているところです。色んなことを吟味されたうえでの中止だったと思いますが、やってほしかったという想いもあります。選手たちとは気持ちの整理がつかないまま話をしましたが、選手たちもやってほしかったと思います。ただ、今はどうやって前向きに最後を迎えられるか考えています」(A高)

 この学校では7月から対外試合解禁のため、3年生は進路の時期、気持ちがどこまで持つのか。選手たちに確認も必要だが、学校行事との兼ね合いを見ながらスケジュールを調整しなければならない。

 しかし、3年生になってから一度も対戦できていない選手たちのために、何とか最後の舞台を作ってあげたい。そんな想いが福岡県内の公立校の先生から聞こえてきた。

 同じく3年生の選手たちのことを想い、最後の舞台を作ろうと動き出している地区もある。
 「指導者間でも協力して引退試合のようなものができないか、ということで少しずつ話し合いはしております。指導者の方で、『3年生のために戦う舞台を作れるように』という想いで話し合っておりますが、学校毎に行事や新チームの準備もありますので、今後細かいところを検討をしていくところです」(B高)

 指導者同士が協力し合って、最後の舞台を準備する動きも地域によって出ていた。あくまで感染防止に最大限努めることを前提としてだが、3年生のために指導者が動き出している。

 福岡県内の各校が今後どういった動きをしていくのか。今後も注目したい。

(記事=田中 裕毅)

関連記事
【来春の西東京を引っ張る二刀流・折笠 利矩(日大二)をピックアップ!
第647回 徹底した体作りで選手を鍛え上げる日大二(東京) 打撃力の「一点突破」で夏に飛躍を
大会直前に敢行した有意義な2試合!日大二vs市立川越の練習試合を徹底レポート!

【関連記事】
代替大会を開催しないこととなった福岡県。決断の裏側にあった連盟の想いとは 【ニュース - コラム】
第114回 選手、そして周りの人たちの命と未来を考えて。福岡県高校野球連盟が下した、苦渋の決断の裏側【高校野球コラム】

コメントを投稿する

前の記事:
大分は7月14日開幕!トーナメントで県独自の大会開催へ!
次の記事:
大阪桐蔭、亜細亜大出身選手が最多 過去5年のタイトル受賞者をドラフト経歴別で集計!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る