選抜ボーダーラインの広島新庄。出場することを想定して練習に取り組む真意とは

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.27

広島新庄野球部

 今秋の中国大会ベスト4の広島新庄。今秋は広島県大会優勝を果たし、1位として出場した中国大会で準決勝で倉敷商に4対7で敗戦。あと一歩で目標としていた明治神宮大会の出場権を逃す結果となった。

 だが選抜の望みはまだある。3月19日から開催される第92回選抜高等学校野球大会は、中・四国地区から5校が選ばれる。内容面で広島新庄は一歩有利だ。四国大会の準決勝はどちらもコールドゲームで、広島新庄と争うであろう創志学園は準決勝でコールドで敗れた。この結果から、選抜への切符は広島新庄が有利という声が多い。

 名将・迫田守昭監督は出場することを想定して取り組ませている。
「選抜に選ばれるかどうか不安ではありますが、選ばれると信じて練習しないとダメです。中途半端な気持ちのまま練習に取り組んで、もし選ばれたら甲子園で勝つことは難しいです。選ばれると信じて練習しないと活躍できないですから」

 全国の舞台で勝つことを想定しなければ、大きな飛躍に繋がらない。逆にもし仮に選ばれなかったとしても、全国の舞台を想定した練習は必ずプラスに働く。だから選抜を想定して冬を過ごすことで、結果として夏への良い練習ができるのだ。

 実際に練習を目に移すと、ナインは指揮官の言葉に刺激されるよう、真剣な眼差しで練習に取り組んでいた。11月でも広島新庄の特色である実戦を意識した緊張感ある練習を行っている。



広島新庄・下志音主将

 

 現在、広島新庄ナインの課題は接戦時のあと一歩の詰めだ。
主将の下 志音は「秋の大会を通じで経験値を積んだり、広島県外のチームの強さを感じられたのは良かったです。けど、あと一歩の詰めの甘さが課題なので、自覚をもってやっていきたい」と秋季大会を通じて収穫と課題を振り返った。

 果たして広島新庄に吉報は届くのか。選抜出場の便りを待ちながら、さらなるステップアップを図る。

(記事=編集部)

関連記事
名将が醸し出す「すべて勝負」の全体練習 広島新庄(広島)【前編】
「もっとイキイキと」投げてほしい 恩師が語る堀瑞輝(広島新庄-北海道日本ハムファイターズ)への想い
「使ってもらえるありがたみや喜びを感じて投げてほしい」 恩師が語る田口麗斗(読売ジャイアンツ)【後編】

【関連記事】
倉敷商、広島新庄など中国地区で勝ち上がっている各県の実力校たち 【ニュース - 高校野球関連】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る当時の侍戦士たち【西日本編】 【ニュース - コラム】
第134回 チーム打率.382、20本塁打の強力天理打線を封じた秋田駿樹(広島新庄) 迫田前監督の教えを胸に躍動!【高校野球コラム】
広島新庄vs天理【2020年甲子園高校野球交流試合】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 広島新庄を4度の甲子園に導いた名将・迫田守昭監督が退任の経緯・後継者育成の重要性を語る【高校野球コラム】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
広島新庄vs尾道商【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
広島新庄vs盈進【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
第1017回 悔しい思い断ち切り 「みんなで」甲子園を獲る 木村優介(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第994回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
広島新庄vs下関国際【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
広島新庄vs倉敷商【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
第431回 広島新庄高等学校 堀瑞輝選手 「強心臓を支えた自慢のスライダー」  【2016年インタビュー】
広島新庄 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る