佐々木、奥川はどうなる? 高校生投手の初回入札となれば3年ぶり、抽選なら4年ぶり!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.09.16

奥川恭伸と佐々木朗希

 ドラフト会議まで残り1ヶ月ほどとなった。今年は大船渡高校の佐々木 朗希星稜高校の奥川 恭伸と高校生投手に大きな注目が集まっている。ふたりがプロ志望届を提出すれば、1位で入札されることはまず間違いないだろう。

 さて高校生投手への初回入札となれば、それはいつ以来となるのだろうか。

ここ2年は高校生野手が人気

 昨年のドラフト会議では根尾 昂大阪桐蔭高校→中日)、藤原 恭大大阪桐蔭高校→ロッテ)、小園 海斗報徳学園高校→広島)と高校生野手に合計11球団が入札している。そのため高校生投手への初回入札は0。ハズレ1位で初めて高校生投手の吉田 輝星金足農高→日本ハム)に入札があった。

 2年前の2017年は清宮 幸太郎早稲田実業学校→日本ハム)に人気が集中。高校生野手としては史上最多の7球団が競合した。その他の高校生では中村 奨成広陵高校→広島)が2球団の競合となり、高校生投手への初回入札はなかった。2回目、3回目の入札でも高校生投手の名前は読み上げられず。ようやく4回目に吉住 晴斗鶴岡東高校→ソフトバンク)へ入札があった。

 このように、ここ2年は高校生の野手が人気を集めており、高校生投手への初回入札はなかったのである。

 2016年は藤平 尚真横浜高校→楽天)、寺島 成輝履正社高校→ヤクルト)、今井 達也作新学院高校→西武)と3人の高校生投手が、初回で単独入札され入団に至っている。また、2回抽選を外した日本ハムが3度目の入札で堀 瑞輝広島新庄高校)を指名した。

 今年、高校生投手への初回入札があれば、2016年のドラフト会議以来、3年ぶりのこととなるのである。

 仮に複数球団による入札で抽選となれば、それは2015年に3球団競合となった高橋 純平県立岐阜商高校→ソフトバンク)以来4年ぶり。

 また、複数人の高校生投手が抽選となれば、2012年以来7年ぶりとなる。この年は藤浪 晋太郎大阪桐蔭高校→阪神)に4球団、森 雄大東福岡高校→楽天)に2球団の初回入札があった。

 はたして佐々木と奥川にはどれだけの入札が集まるのだろうか。それとも大どんでん返しがあるのだろうか。

(記事=勝田 聡)

関連記事は下記より!
奥川恭伸が登板したカナダ戦 「奥川でなければ、ひやひやの試合展開だったカナダ戦」!
佐々木朗希が登板した韓国戦 「DH解除のリスクが出た日韓戦」
史上最強投手陣の運用ができなかった日本代表。他国と比べれば一目瞭然
日本は佐々木朗希をロースターから外す選択肢もあった?予備選手の必要性を考える

コメントを投稿する

前の記事:
春日部共栄、川口市立が接戦を制する!地区予選2試合を徹底レポート!【埼玉大会】
次の記事:
【前編】東洋大の期待の大砲・山田知輝の打者転向のきっかけと幼少期の取り組みとは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る