News

【四国大会】尽誠学園がエース西條の125球完投ベスト4進出!明徳義塾は終盤に勝ち越し許して初戦敗退〈春季地区大会〉

2024.04.27


125球6安打2失点完投で明徳義塾を破った尽誠学園・西條 蓮(2年)

27日、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで春季四国地区大会が開幕。第1試合では、尽誠学園(香川県2位)と明徳義塾(高知県1位)が対戦。9回に2点を奪った尽誠学園が4対2で勝利し、準決勝進出を決めた

初回から2点を先制した尽誠学園だったが、中盤に失点を許し2対2の同点に。その後はエース西條 蓮投手(2年)が粘りを見せ明徳義塾打線を相手に力投を続けると、9回に打線が奮起。7番が河合 和紗選手(3年)の逆転打などで2点を勝ち越した。

試合後、尽誠学園の西村 太監督は、「西條がよく踏ん張ってくれた。攻撃面では序盤で点を取れたことが大きかった。9回表はスタンドを含めてチーム一丸となって闘えたし、明徳義塾に勝ちたい気持ちが勝ったと思います」と振り返った。

125球完投の熱投を披露した西條も、「序盤はストレートを振りにいかれていたので、4回から相手のテンポを外すことにも気を遣いながら変化球主体に切り替えたことがよかった。周りがよくカバーしてくれました」と語った。

敗れた明徳義塾の馬淵 史郎監督は、「尽誠学園さんの方が気持ちが入っていた。先発の池﨑 安侍朗投手(2年)は、9回にいっぱいいっぱいになって全部ボールをそろえてしまった」と悔やんだ。

9回表二死から2点を勝ち越し沸く尽誠学園ベンチ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.12

学法石川の好捕手・大栄利哉が交流戦で復帰! 実力は攻守ともに世代トップクラス!身長200センチ右腕を攻略し、完封勝利!

2024.05.12

【春季新潟県大会】プロ注目右腕・茨木佑太が完封!元プロの芝草監督は素材、メンタル面も絶賛!

2024.05.12

【春季京都大会】センバツベンチ外の西村がサヨナラ打!新戦力の台頭目立つ京都外大西が4強進出

2024.05.12

プロ注目の200cm右腕・菊地ハルン(千葉学芸)がセンバツ出場校との交流戦でまさかの7失点…夏までの課題は?

2024.05.12

【奈良】天理が決勝最多18得点で圧勝!13年ぶりに春の頂点に<春季大会>

2024.05.08

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.07

【鹿児島】神村学園は昨秋4強の鶴丸と初戦で対戦<NHK旗組み合わせ>

2024.05.07

【山陰】益田東と米子松蔭、鳥取城北が石見智翠館と対戦<春季大会組み合わせ>

2024.05.07

【北海道】函館大有斗、武修館などが初戦を突破<春季全道大会支部予選>

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>