試合レポート

【春季埼玉県大会】叡明・吉川が「県営1号」!叡明が苦しみながらも八潮南を終盤突き放し初戦突破!

2024.04.27


吉川 凰稀(叡明)ホームラン

【トーナメント表】春季埼玉県大会 結果一覧

<春季埼玉県高校野球大会:叡明5-1八潮南>◇25日◇1回戦◇大宮公園

県営大宮公園球場の第3試合は、東部地区の強豪・叡明vs八潮南という東部地区同士の一戦。八潮南といえばオリックス・宇田川 優希投手の母校としても知られる。

先発は叡明がエースの伊藤 大翔投手(3年)、一方の八潮南は背番号5の2年生・臼倉 悠斗内野手が登板し試合が始まる。

叡明・伊藤は、やや横振りで投球する右腕。一方の八潮南・臼倉は、どんどんストライクで勝負し、この日は内外角へきっちりと制球されていた。

先制したのは叡明であった。

叡明は3回、この回先頭の坂本 佑斗外野手(3年)が右越えの三塁打を放ち出塁すると、続く後藤 柚仁内野手(3年)が中前適時打を放ち叡明が1点を先制する。

だが、叡明はその後もチャンスを迎えるがあと一本が出ない。なかなか追加点を挙げられず1対0で前半を終了する。

「今日はこういう日だよ」と、中村監督は選手達へ我慢を促す。

すると叡明はグラウンド整備後の6回、この回先頭の吉川 凰稀外野手(3年)が「相手のピッチャーは直球が多かったので直球を狙った。逆方向へ打つ意識で壁を作ってインコースに来たので反応で打った」
と、左翼席へソロ本塁打を放ち貴重な追加点を奪う。この一発は低反発バットに切り替わった今大会、県営大宮球場で記念すべき公式戦初本塁打となる。

これでやや楽になったか叡明は徐々に硬さから解放される。叡明は7回、この回からマウンドに上がった八潮南栩内 佑緒和内野手(2年)の代わり端を攻め、この回先頭の後藤が左前安打を放ち出塁すると、2死二塁から田口 遼平内野手(2年)が右前適時打を放つ。叡明は8回にも坂本の三塁打を足がかりに、内野ゴロの間に得点し4対0とする。

9回にも守山 撞生内野手(3年)の中前安打などで1死一、三塁から、内野ゴロの間に1点を追加し5点差をつけた。対する八潮南もその裏、ダブルスチールで1点を返すが、反撃もそこまで。投げては叡明・エース伊藤が7回をきっちりと2安打、毎回の9奪三振、無失点で切り抜けると、8回以降は田口が危なげない投球を披露する。

結局、叡明八潮南を5対1で下し初戦を突破。叡明打線が14安打を放ち、押し切った形だ。

八潮南の青木監督は「ずっと押されてはいたんですが何とか。臼倉は春先まで3番手だったんですが、練習試合で安定感があったので、地区の代表決定戦で初先発させたら完投した。あいつがよく投げてくれたから、ここまで来れたので、今回は迷わず先発で行かせました。強豪校が相手だとインコースへ投げないと抑えられない。6回は球数も嵩んで捉えられていたので流石に代えた。元々ずっとコールド負けのチームで、2、3年生で11人しかいない。今日もどうなるかわからなかったが、だんだん戦えるようになってきて。継投タイミングは3点目を取られたらかなり厳しいなと思っていたので、どうせだったら頭からということで代えた」と、振り返る。中盤までは臼倉の好投もあり、八潮南ペースで試合を進めていたが、中盤以降に力尽きた。とはいえ、2、3年生で11人しかいないチームが、ここまで仕上げてきたのは立派。タイプの違う3投手を中心とし夏を見据える。

一方の叡明・中村監督は「ヒットは出ていたんですが、最後の一本が出ず慌てるなと言い続けた。初戦だし、こういうゲームはある。それだけに6回表、整備明けのホームランは大きかった。伊藤は本当は完投させたかったんですが、何が起きるかわからないし、球数も100球ぐらいだったので打順の巡りもあり代えた。田口は安定しているので、使うのは簡単だが彼はショートで内野の要でもある。伊藤は冬の段階ではベンチに入れるかどうかというポジションだったが、冬を越し力がついてきて、球の質も上がってきた。どんどん公式戦で経験を積み、夏に向け試合勘の部分を磨いてほしい」と、試合を振り返った。この日は県初戦ということもあり打線はなかなか歯車がかみ合わなかった。それでも最終的に快勝できたのは伊藤、田口ら投手陣の存在が大きい。伊藤が冬場に成長し、投手陣に厚みが増した。今度は打線が投手陣を援護する番であろう。

【トーナメント表】春季埼玉県大会 結果一覧

この記事の執筆者: 南 英博

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?