豪快アーチ、3発で快勝・鹿児島城西


 鹿児島城西は1回裏、4番・明瀬諒介がレフトスタンドに先制2ランを叩き込んだ。九州大会でも優勝した九州国際大付からアーチを放った主砲の一撃がチームに火をつけた。

 続く5番・池野航太はフルカウントからファールで粘り、こちらもレフトスタンドへのソロホームランで計3点を先取した。

 2回は1番・森海晴のセンターオーバー二塁打で追加点。3回は先頭の4番・明瀬がセンターオーバー二塁打で出塁し、5番・池野がライト前タイムリーで返す。

 5回には4番・明瀬がこの日2本目となるアーチをレフトスタンドに架けた。6回にも相手のエラーなどで3点をダメ押した。

 尚志館は初回を除いて毎回走者を出し、再三得点圏にも進めたが、肝心のタイムリーが出ず。1年生らしからぬ破壊力を見せつけた鹿児島城西が2試合連続のコールド勝ちだった。

(取材=政 純一郎