同点劇も実らず・国分中央


 2回表、神村学園は2番・松尾龍樹のライト前タイムリーで先制する。

 初回から毎回走者を出すも、3回までに3併殺と攻めあぐねていた国分中央だったが、5回裏、1番・谷口兼信のレフト前タイムリーで同点に追いついた。

 直後の6回表、神村学園は2番・松尾の犠牲フライで勝ち越す。7回表は5番・松永優斗、6番・松尾大悟の連続長打に途中出場の8番・松元涼馬の犠牲フライで3点を追加。8回には二死から3番・秋元悠汰がセンターオーバー三塁打を放ち、返球が乱れる間に生還した。9回は代打・中尾仁がセンター前2点タイムリーを放った。

 6回以降、打線がつながった神村学園が小刻みに追加点を挙げ、国分中央を突き離した。

(取材=政 純一郎