4番・板敷が決勝タイムリー・鹿屋中央


 鹿屋中央れいめい、強豪私学同士の一戦は1年生らしからぬ引き締まった好勝負となった。

 先制したのはれいめい。3回表、二死一三塁で重盗を決めて先取点をもぎ取った。その裏、鹿屋中央は4安打を集中。4番・板敷風哉、5番・松原琉輝の連続タイムリーで2点を挙げて逆転に成功した。

 6回表、れいめいは二死二塁で1番・堂免功次郎がセンターオーバー三塁打を放って同点に追いついた。7回以降は、両者勝ち越し点が奪えず、同点のまま9回で決着がつかず、無死一二塁から始まるタイブレーク方式の延長戦へ。

 10回表、れいめいは相手のエラーで1点を勝ち越す。その裏の鹿屋中央は、暴投で二三塁とし、申告敬遠で満塁となった後、4番・板敷がセンター前2点タイムリーを放って、逆転サヨナラ勝ちした。4番・板敷は3打点の活躍だった。

(取材=政 純一郎