8回打者一巡で突き放す・樟南


 立ち上がり、樟南は一死三塁から3番・福元崚馬のセンターオーバー二塁打で先制するも、三塁を目指した福元は枕崎が見事な中継プレーで三塁タッチアウト。この後も連打で続いたが追加点は奪えなかった。

 その裏、枕崎は4四死球押し出し、無安打で同点に追いついた。3回表、樟南は3番・福元、5番・前田晟那のタイムリーなどで3点を勝ち越す。

 4回から7回までは両者得点が奪えなかった。樟南のエース小峰康矢は初回こそ制球難で失点したが、2回以降は立ち直り、6回まで無安打に抑えた。

 8回表、樟南は一死二三塁から暴投、7番・中尾翔人のセンター前タイムリーで待望の追加点を得ると、1番・茶園 将太の犠牲フライ、2番・平田舜の走者一掃のセンターオーバー三塁打と打線がつながり、打者一巡で5点のビッグイニングを作って突き放した。

 その裏、枕崎は3安打を放ち、6番・宮田一平のセンター前タイムリーで1点を返し、なおも二死満塁としてコールド阻止を目指したが、反撃もここまでだった。

(取材=政 純一郎