積極姿勢が功を奏し、樟南が競り勝つ



樟南・西田 恒河

 樟南は立ち上がり、1番・町北 周真(2年)がセンターオーバー三塁打を放ち、2番・尾﨑 空(3年)がセンター前タイムリー。わずか6球で先制点を挙げた。

 2回裏は一死から9番・今井 玲緒(3年)がレフトオーバー二塁打を放つ。四球、ヒットで満塁とし3番・下池 翔夢主将(3年)のレフト前に落ちる打球で今井が生還し、2点目を挙げた。

 2回まで無安打だった鹿屋中央は3回裏、先頭の8番・礒脇 海斗(2年)が意表を突く初球セーフティーバントで出塁。送りバントで二塁まで進み、1番・宮里 誠也(3年)のライト前タイムリーで1点を返す。ライトからの返球が乱れる間に宮里は三塁まで進み、2番・馬庭 龍也(3年)がスクイズを決めて同点に追いついた。

 4回以降は樟南西田 恒河(3年)、鹿屋中央折尾 凛主将(3年)、両左腕エースが踏ん張り、両者追加点が奪えない。

 樟南は8回表、二死から9番・今井が四球で出塁し、1番・町北がレフトオーバー二塁打を放って勝ち越した。

 エース西田は6回以降、1人の走者も出さず3者凡退で切り抜け、1点差を守り切り、第1シード鹿屋中央に競り勝った。

 「自分のエラーで同点に追いつかれ、攻撃でも3バント失敗でつなげず、ミスでチームに迷惑をかけていたから、死んでも自分で打って返したかった」。

 8回表、二死一塁の場面で町北は決死の覚悟で打席に立った。外角の直球を見逃し、変化球を空振りで1ボール2ストライクと追い込まれたが、マウンドの折尾が捕手のサインに首を振ったのを見逃さなかった。

 「捕手は変化球を要求したけど、折尾投手は直球を投げたがっている」と読み、そのボールに山を張った。真ん中やや外寄り、高めの直球を「逆らわず」レフト方向に流して貴重な勝ち越しのレフトオーバー二塁打を放った。

 夏前までは3番や5番など中軸を打つことが多かった町北が、この夏から1番に座っている。初戦の鹿児島高専戦の先頭打者ホームランに始まって今大会、樟南打線のリードオフマンの仕事をこなしている。

 「積極性」(山之口 和也監督)を買っての1番起用だった。「甘ければ初球からでも、少々のボール球でも積極的に打つ」ことを身上にしている。最初の打席でもファーストストライクから積極的に打っていき、2つのファールで粘ってからセンターオーバー三塁打を放ち、先制点の口火を切った。

 「西田さんが頑張って抑えてくれるから、打線が何としても点を取って助ける」(町北)が樟南打線共通の思い。「これからもっと厳しい戦いになると思うけど、チーム一丸で戦って甲子園に行く」と気持ちを高めていた。

(文・写真=政 純一郎

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。