第6回 俳優 上地雄輔さん2007年12月3日


名門・横浜高校で背番号2番をつけ、松坂大輔選手とバッテリーを組んでいた上地雄輔さんにインタビュー!横浜高校での思い出や秘話を伺ってきました。


横浜高校入学のキッカケ

上地雄輔さん(以下「上地」) 当初はそんなに横浜志望ではなかったですね。

――それは何故ですか??

「上地」 最初初は常総学院に行きたかった。木内さんの下でやってみたい気持ちがありました。中3の時の夏の大会で、横浜商工(現・横浜創学館)とのベスト4の試合で相手が横浜高校で。以前から監督さん部長さんに声をかけて頂いていたんですけど。。。

 何度も何度も声かけてもらっていて、でも行かないって言っていたんですね。(笑)たまたま横浜商工には中学の先輩がいっぱいいて創学館を家族みんなでテレビで応援していたんですけど、その試合に丹波さん(横浜)が1年でいきなり出てきて、ばたばた抑えていて、この人の球を受けてみたい!!とそれだけでテレビを見終わって、「俺、横浜行く!」って言っていました。

 実際、高校に入学して、一番最初に球を受けたのも丹波さんだし、バッテリーだったので一緒にジムに行ったりしてホントに面倒みてもらって。監督さんも丹波さんに「こいつよろしく頼むな。」ってそんな感じでホントお兄ちゃんみたいな感じでした。

このページのトップへ


横浜高校時代

横浜高校(写真は07'秋季大会より)

――横浜高校に入って驚いたことは??

「上地」 ん〜何にも無かったですね。1年春から練習試合にも出てたし、丹波さんとバッテリー組ませてもらったりしていて自分でも将来にめちゃめちゃ自信がありました(笑)

――2年でベンチ入りしていますよね??

「上地」 そうですね。ただ2年の夏の大会で怪我をしてしまいました。

――3年時は怪我との戦いですか?

「上地」 1年間のうち10ヶ月はリハビリでした。ホントに最後のギリギリ、ギリギリで背番号を取り返したって感じですね。

――怪我さえなければプロ野球も見えていたのではないですか?

「上地」 いえいえ。それは言い訳です。無理だと思いますけど。でも、確実に怪我さえしていなければ、この仕事をしていなかったと思いますね。

――やはり野球で行けるとこまで行こうと思っていたのですか?

「上地」 ん〜。そうですね。怪我が無かったら、野球で大学に行くのが当たり前だと思っていたし。やっぱりリハビリしている期間にいっぱいいろんな事を考えて、将来の事とか、親、監督、仲間、ファンの事を考えて、「ちょっと待って下さい」と監督に伝えました。小学校・ジャパン。中学校・ジャパン。高校・横高。大学・野球。社会人といきそうな野球の流れを1回停めて考えたかったので「ちょっと待って下さい」と監督に伝えました。

このページのトップへ