第6回 俳優 上地雄輔さん2007年12月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

名門・横浜高校で背番号2番をつけ、松坂大輔選手とバッテリーを組んでいた上地雄輔さんにインタビュー!横浜高校での思い出や秘話を伺ってきました。


横浜高校入学のキッカケ

上地雄輔さん(以下「上地」) 当初はそんなに横浜志望ではなかったですね。

――それは何故ですか??

「上地」 最初初は常総学院に行きたかった。木内さんの下でやってみたい気持ちがありました。中3の時の夏の大会で、横浜商工(現・横浜創学館)とのベスト4の試合で相手が横浜高校で。以前から監督さん部長さんに声をかけて頂いていたんですけど。。。

 何度も何度も声かけてもらっていて、でも行かないって言っていたんですね。(笑)たまたま横浜商工には中学の先輩がいっぱいいて創学館を家族みんなでテレビで応援していたんですけど、その試合に丹波さん(横浜)が1年でいきなり出てきて、ばたばた抑えていて、この人の球を受けてみたい!!とそれだけでテレビを見終わって、「俺、横浜行く!」って言っていました。

 実際、高校に入学して、一番最初に球を受けたのも丹波さんだし、バッテリーだったので一緒にジムに行ったりしてホントに面倒みてもらって。監督さんも丹波さんに「こいつよろしく頼むな。」ってそんな感じでホントお兄ちゃんみたいな感じでした。

このページのトップへ


横浜高校時代

横浜高校(写真は07'秋季大会より)

――横浜高校に入って驚いたことは??

「上地」 ん〜何にも無かったですね。1年春から練習試合にも出てたし、丹波さんとバッテリー組ませてもらったりしていて自分でも将来にめちゃめちゃ自信がありました(笑)

――2年でベンチ入りしていますよね??

「上地」 そうですね。ただ2年の夏の大会で怪我をしてしまいました。

――3年時は怪我との戦いですか?

「上地」 1年間のうち10ヶ月はリハビリでした。ホントに最後のギリギリ、ギリギリで背番号を取り返したって感じですね。

――怪我さえなければプロ野球も見えていたのではないですか?

「上地」 いえいえ。それは言い訳です。無理だと思いますけど。でも、確実に怪我さえしていなければ、この仕事をしていなかったと思いますね。

――やはり野球で行けるとこまで行こうと思っていたのですか?

「上地」 ん〜。そうですね。怪我が無かったら、野球で大学に行くのが当たり前だと思っていたし。やっぱりリハビリしている期間にいっぱいいろんな事を考えて、将来の事とか、親、監督、仲間、ファンの事を考えて、「ちょっと待って下さい」と監督に伝えました。小学校・ジャパン。中学校・ジャパン。高校・横高。大学・野球。社会人といきそうな野球の流れを1回停めて考えたかったので「ちょっと待って下さい」と監督に伝えました。

このページのトップへ


【次のページ】 俳優 上地雄輔さん(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

上地雄輔さん
  • 生年月日:1979年4月18日
  • 血液型:O型
  • 横浜高校 硬式野球部所属
    最後の夏(1997年)は、神奈川県ベスト4進出。
  • ドラマ・バラエティに活躍中
    代表作
    ・ごくせん (日本テレビ) 大石雄輔役 レギュラー(2002)
    ・ムコ殿2003 (フジテレビ) 相馬役 レギュラー(2003)
    ・アストロ球団 (テレビ朝日) 三荻野球五役 レギュラー(2005)
    ・スリルな夜 (フジテレビ) 松山研二役 レギュラー(2007)
【関連記事】
第150回 「打撃だけなら歴代No.1」佐倉シニア時代の恩師が語る横浜・度会隆輝【高校野球コラム】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー