目次

[1]プロ志望を掲げ鳥取から入学/背番号20でブレークした春
[2]U-18代表まで鰻登りの活躍/U-18代表での経験 一番仲が良かったのは…/体幹を強化し制球力UP


 市立船橋(千葉)を15年ぶりの甲子園に牽引した森本 哲星投手(3年)はバッテリーを組んだ片野 優羽捕手(3年)とともにプロ志望届を提出した。最速143キロを誇る実践派左腕で夏の甲子園の後にはU-18日本代表にも選出された。鳥取からプロ志望を掲げ市立船橋へ入学した森本はどのようにして世代屈指の左腕まで成長を遂げたのか。

プロ志望を掲げ鳥取から入学


 中学時代まで鳥取県で過ごしていた森本は、高校入学時に家族とともに千葉県へ移住し市立船橋へ入学した。

 進学先については双子の兄で「3番・中堅手」の主力として活躍した森本 哲太(てった)外野手(3年)が決めたそうだ。経済的な面でも「公立で野球が強いところ」を探していたところ、公立トップの印象があった「習志野を倒したい」という思いで市立船橋に決めた。

「人数も多い中で、自分がどれだけ通用するかは不安でもあったのですが、逆に自分の力を試せるとも思いました」

 部員100人を超える市立船橋は、少人数だった鳥取の南部中軟式野球部とは全く異なる環境だったが、「高卒プロ」を掲げた森本にとっては刺激の多い場所だった。

背番号20でブレークした春



森本哲星(市立船橋)

 森本がブレークしたのは3年春の大会だった。ケガで出遅れて「背番号20」とギリギリのメンバー入りだったが、準々決勝、決勝の2試合に登板し圧巻の成績を残す。準々決勝の東京学館戦は10奪三振完封。決勝の銚子商戦ではリリーフで登板し6.2回1安打無失点で28年ぶりの優勝へ牽引した。

 夏の千葉大会でも決勝の木更津総合戦では9回完投勝利を果たし2年秋に敗れたリベンジに成功。そして夏の甲子園の初戦、興南(沖縄)戦では2番手でマウンドに登り、6.2回を0失点と好救援し実力を示した。

 「興南戦ではいいピッチングができて、応援してくださった方々にも恩返しができた」と、サヨナラ勝利を果たした直後は、何度も助けられた「市船ソウル」に揺れるアルプスの光景を目に焼き付けた。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。