9月に入り、各地で大学野球の秋季リーグがスタート。9月10日から東京六大学が開幕するが、ラストイヤーでプロ入りを狙うスラッガーがいる。

 それが法政大の野尻 幸輝外野手(4年=木更津総合)だ。高校時代は、1年春からベンチ入りし、2年夏、3年夏と2度の甲子園出場を経験。強靭な肉体を生かしたパワフルな打撃を武器に、高校通算21本塁打をマークした。投手としても140キロ前半の速球を投げ込み、最後の夏は投打で躍動した。さらに高校日本代表にも選ばれた。

 法政大でも順調にその素質を伸ばしている。今回はそんな野尻の野球人生について振り返っていきたい。

中学時代は通算本塁打20本超えで二塁送球最速1.89秒 東海地区屈指の強肩捕手は、なぜ千葉の木更津総合に進んだのか


 取材日に現れた野尻は、何もかも昔と変わらず健在だった。178センチ、92キロの体は、ガッシリとした体格をした選手が多い法政大の選手の中でも明らかに抜けている。そして打球速度が優れている。同校ではフリー打撃の時にラプソードを使い、打球速度を計測する。雨天練習場だと足場が軟らかいため、多少、打球速度が落ちて、主力選手は135キロ〜145キロ前後だが、野尻の場合は、145キロ〜155キロ。グラウンドで測ると、150キロ後半〜160キロ前半は当たり前で、ジャストミートした時は170キロを出すという。

 顔つきからも意志の強さが伝わる。ドラフト候補として注目すべきポテンシャルは備わっているだろう。

 岐阜県・山県市出身の野尻は小学校1年生から野球を始めた。いろいろなポジションを経験したが、小学校から中学校までは捕手として活躍。当時は捕手の面白さを感じていた。
「当時、オリックスでプレーしていた伊藤 光捕手(現・DeNA)などに憧れていました。
伊藤選手の所作がかっこいいなと思っていて、スローイングの形も好きでした」

 関ボーイズでは4番捕手として活躍。さらに中日本選抜でも4番打者を務め、中学では通算20本塁打を超えていた。体全体を使ったパワフルなスイングが代名詞だが、本人曰く力任せに振っているわけではないという。
「自分の中では力任せで振るというよりは、体全体を使ってスイングすることを意識していました。それが自然と周りからフルスイングをしているように見えていたと思います」

 もともと体は大きく、大学に入るまでウエートトレーニングは一切していない。
「とにかく食べること、走ること、打つこと、投げることという感じでした。」

 

 捕手としても二塁送球1.89秒をマークする強肩として注目され、県外の強豪私学から多く誘われた。なかなか決められなかったが、木更津総合へ入学するきっかけは五島監督の人柄に惹かれたことが大きかったという。

「五島監督が岐阜の出身の方で、自分が高校選びで迷っていた時に、その話を聞いた五島監督がすぐ岐阜に飛んできてくれて、喫茶店で話す1時間のために来てくれて、そこで話して、この監督と一緒にやれば必ず上達できると思ったので、木更津総合に決めました。自分の中でも迷っていて、五島監督の熱意に惹かれました。」

 こうして野尻は岐阜を出て、千葉の強豪・木更津総合に進学することを決めた。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。