目次

[1]負けた経験、打てなかった経験も得たものは大きい
[2]大学では2人のどちらがキャプテン、副キャプテンになるだろうと思っていた


あわせて読みたい 【対談】中川×蛭間
■vol.1
浦和学院との練習試合がカギとなった 大阪桐蔭春夏連覇の主将・中川卓也が振り返ったセンバツ連覇の裏側
■vol.2
負けを覚悟していた。大阪桐蔭春夏連覇主将が振り返る名門・浦和学院戦前の胸中
■vol.3
体張りました!高校時代から日本代表の中川卓也、蛭間拓哉(早稲田大)が振り返る日本代表で得たもの

あわせて読みたい 中川卓也インタビュー
■vol.1
強く選手たちを引っ張る姿勢は大阪桐蔭時代と変わりなく。新主将・中川卓也(早稲田大)が貫くチーム改革
■vol.2
二塁手は一番難しいポジション。春夏連覇経験者・中川卓也(早稲田大)が新ポジション挑戦を語る
■vol.3
満足したシーズンは1度もない。ドラフトイヤーを迎えた中川卓也が目指すは首位打者獲得

あわせて読みたい 蛭間拓哉インタビュー
■前編
4スタンス理論、大阪桐蔭との練習試合…世代屈指の強打者・蛭間拓哉の礎を築いた浦和学院時代

 22年ドラフト候補コンビとして最も熱いのが早稲田大の中川 卓也内野手と蛭間 拓哉外野手ではないだろうか。中川は大阪桐蔭時代、2018年に春夏連覇。U-18代表での主将を務め、アジア選手権に出場。早稲田大では1年春からスタメン出場し、3年秋にはベストナインを受賞した。

 一方、蛭間は浦和学院(埼玉)時代、主将として、18年夏に甲子園ベスト8を経験。U-18代表では副将を務め、中川をサポート。早稲田大では2年春からリーグ戦で活躍を見せ、ここまでリーグ戦10本塁打と同世代でも群を抜いている。

 現在は中川が早稲田大の主将、そして蛭間が副将と、U-18と同じ構成だ。2人は2018年夏の甲子園準々決勝で対決しているが、最終回はU-18代表でのエピソードを紹介する。

負けた経験、打てなかった経験も得たものは大きい


ーー高校日本代表入りした中川選手、蛭間選手ですが、チームにはすぐ打ち解けたでしょうか?

中川 ジャパンに入って何日目かに蛭間がはっちゃけ出してて、変な踊りを踊ったりしていました。

蛭間 ハハ(笑)

中川 自分的には副キャプテンにスッと相談できるような環境ではありました。

ーー蛭間選手は人見知りしないと聞きました!

蛭間 はじめての集まりで雰囲気を作っていかなきゃいけないと思ったので、体張りました(笑)。

ただ優勝を期待された日本開催のアジア選手権。3位に終わり、悔しい結果となった。それでも得たものは大きかった。

中川 結果としては3位という結果に終わってしまったのですが、その時は勝ちたい一心で負けて悔しかったですし、打てなくて悔しかったのですが、今振り返ってみると、とんでもなく、他に変えられない良い経験ができたと思っています。打てなかったことも勝てなかったこともいい経験になったと思います。

蛭間 自分も中川と同じで、打てなかったり負けてしまったら悔しい思いをしたのですが、他の韓国だったり台湾だったり、レベルが高くて自分のレベルの低さを痛感したというか、まだまだというのは感じられたので、これからもっと頑張っていかなきゃいけないと思えた。自分は悔しかったですけど、いい経験をさせてもらったなと思います。