今年の高校生右腕で、位置づけが急上昇しているのが、竹山 日向だ。この夏の愛知大会で最速151キロをマーク。3年生の夏になると150キロを超える高校生投手はよく出てくるのだが、評価が上がっているのは、アベレージのスピードが140キロ後半だということ。そして力感がないフォームから伸びのある球質だということだ。現在は多数の球団から調査書が届いている。

 そんな竹山は、いかに進化することができたのか。これまでの歩みに迫っていきたい。


ターニングポイントは1年生秋の大会


 小学校4年生から野球を始め、同時に投手を始めた竹山。守山中時代には軟式クラブ・愛知中央クラブでプレーし、最速139キロをマークするなど、愛知県の中学軟式球界では名が知られた存在だった。ただ、当時の軟式のトップといえば、軟式最速の150キロをマークした森木 大智(高知中-高知)、144キロを投げた伊藤 樹(秀光中-仙台育英)の2人がいた。「この2人は雲の上の存在でした」と語る。

 享栄進学のきっかけは大藤監督の存在が大きい。
 「大藤先生と一緒にやりたいと思っていましたし、また好投手が入ると聞いて、それで一緒に頑張ろうと」

 その同級生とは中学時代から速球投手として騒がれていた肥田 優心、東山クラブのエースだった菊田 翔友など多くの好投手が一挙に入学。竹山はなかなか軟式から硬式に馴染めず苦労した。

 このままではいけないと気持ちに火がついたのが、1年生大会だった。リリーフでマウンドに登った竹山は一死もとれず、降板となった。
 「もう本当に悔しい投球でしたし、高校3年間を振り返る上で忘れられない試合でした。あれからトレーニングに対する意識というものが変わってきました」

 大藤監督もこの試合を境に竹山の変化を感じ取った。
 「一年生大会で、1アウトも取れずに泣きながらマウンドを降りてきたんです。あの試合は私にとっても忘れられない試合でした。
 よっぽど悔しかったんでしょうね、それから野球に対する取り組み、体作り、家での食事、いろんな意味で前向きになりました。同級生に良いピッチャーがいましたが、負けん気が練習の中で、体作りで、家庭で、全ての面で彼を成長させた原動力だと思います」

 享栄は瀬戸市にグラウンド、日進市に寮が所在するが、竹山は通学している。自宅での食トレ、日々のトレーニングにも大きく変化した。そして20年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で部活動が自粛となり、その間に食トレに励み、身体も大きくなり、ストレートも安定して、140キロを超えるようになった。肥田、菊田にひけをとらない投手へ成長したのだ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。