目次

[1]全国レベルの選手になりたくて帝京を選んだ
[2]あと一歩で逃した秋優勝を目指して攻守でけん引を


 帝京といえば、筋肉隆々の大型選手が多いというイメージがある。ただどういう選手が育っているのかというと、さまざまだ。その中でも例年、守備力が高い二遊間を毎年そろえており、そういう選手がいるほど強い。プロに進んで杉谷 拳士松本 剛もそのパターンに該当するだろう。

 そして歴代のショートに匹敵する守備力を持っているのが武藤 闘夢だ。桐生ボーイズではジャイアンツカップ4強を経験し、1年夏からショートの座を獲得した武藤。現在は主将についてチームを引っ張る立場だ。そんな武藤の決意に迫る。

全国レベルの選手になりたくて帝京を選んだ


 1人だけ動きが違う。

 帝京は関東、関西を中心に実力ある中学生が集まる。Bチームと呼ばれる選手でも能力が高い選手は多く、遊撃を守る選手はBチームとかかわらずうまい。他校だったらレギュラーぐらいの選手もいる。その中でも武藤は一級品だ。動き出してから捕球するまでの速さが実に速く、「肩の強さには自信があります」と本人が語るように、三遊間の深い位置からでも強いスローイングができる。

 帝京の首脳陣も武藤に対する評価も高く、さらにキャプテンとして強くチームを引っ張る姿に深く信頼を寄せている。そんな武藤は群馬県東部にあるみどり市出身。小学校時代は天沼少年野球クラブ出身で、そして中学校では、「さらに硬式でレベルが高いチームでプレーして高いレベルにいきたい」という思いで、群馬県でも強豪・桐生ボーイズに入団する。下級生の時から出場し、中学2年生からレフトで定位置を獲得。そして中学3年には主将を務める。桐生ボーイズは武藤が入部した時期から年々実力をつけてきた。自分たちの世代は「弱い」と言われ続け、なんとしてもチームをまとめ上げ、強くしていきたい思いがあった。

 そして最終学年ではショートだけではなく、肩の強さにも自信があったリリーフとしてマウンドにも登り、130キロ中盤の速球を投げ込む速球投手としても活躍し、ジャイアンツカップ4強入りに大きく貢献した。



武藤闘夢(帝京)

 高校では県外でプレーすることを中学入学時から決めていた武藤は誘いがあった帝京進学を決意する。
 「年末にはリアル野球盤もあって必ず名前が上がるほどの名門校の帝京から声がかかると思っていなかったので、実際に誘いがあったときは嬉しかったです。なぜ県外なのかというと群馬は学校数が少ないので、そこで優勝を目指すよりも、学校数が多い地域で優勝して甲子園に出場すれば、高いレベルでも通用する選手になると思っていました。なので帝京に決めました」

 帝京入学後、1年夏からスタメンの座を獲得する。前田監督は武藤を見て、久々に欲しい選手に巡り合えたという。
 「とにかく肩が強く、彼は体が強かったからね。なんといっても気持ちが強い子なんですよ。『こういう選手が欲しかったんだよ』という気持ちになりましたね」

 武藤は前田監督が求めるレギュラー像に合致していたのだ。前田監督は1年生の野手を起用する条件として技術よりも気持ちの強さを優先する。武藤の気持ちの強さがチームを活性化させ、好影響を与えると考えていたからだ。 

 そして背番号「6」として臨んだ夏の大会。武藤はどんな思いで臨んだのか。
 「初めてレギュラーが出る試合は 3年生が2年半積み上げた 自分が崩したら3年生、チームに迷惑をかけるので、思い切りやることを心掛けました」