目次

[1]「お前をプロ野球選手にする」と言われ武蔵狭山ボーイズに入団
[2]自分には自分に合った形がある


 「山内はまだ1年生ですが、実力は間違いありません。2年後楽しみにしてください」

 2018年10月、ボーイズリーグの日本少年野球選手権で準優勝を果たした武蔵狭山ボーイズの取材に訪れた際に、飯野靖典監督が一押しの選手として名前を挙げたのが山内教輔選手だった。

 左投げ左打ちで、ユニホームの着こなしも様になっている。
 当時から1年生とは思えぬ程投打で存在感を放っており、その成長に注目していたが、その後も右肩上がりに力をつけていき、今年の中学生ではトップクラスの実力者となった。

 「打撃に関しては歴代でもナンバーワン」と飯野監督も唸らせる山内選手。
 その成長について迫った。

「お前をプロ野球選手にする」と言われ武蔵狭山ボーイズに入団


 投手としては130キロ前半の直球を軸に総合力の高い投球を見せ、また打者としては非常に柔らかいスイングから長打を連発する山内選手。

 小学校時代はヤクルトスワローズジュニアでプレーした経験を持ち、また父である山内英雄さんは横浜ベイスターズでプレーした元プロ野球選手であるなど、これまでに過ごしてきた環境からもエリートと言えるだろう。

 小学生時から投打で才能を見せていた山内選手だが、さらなるレベルアップを目指してボーイズリーグの強豪・武蔵狭山ボーイズへ入団を決める。

 「元々は違うチームへの入団を考えていたのですが、飯野監督から電話があり、お前を必ずプロ野球選手にすると言われました。監督の気持ちがグッと心に響いて、ここでレベルアップしたいと思って入団しました」



山内教輔(武蔵狭山ボーイズ)

 入団後、先輩たちのプレーを見たときは「自信が持てなくなった」と振り返るが、体の成長とともに徐々にチーム内でも存在感を見せ始める。
 1年の秋には主力投手の一人としてマウンドに立ち、また打撃でも中軸を任されるなど、中心選手の一人として欠かせない存在に。

 2年夏に上級生が引退すると新チームでは主将も任され、プレー以外の面でもチームを牽引している。

 「入った頃は、110キロ台後半くらいしかスピードはありませんでしたが、練習でのトレーニングやランニングを続けることで、1年で10キロくらい球速が伸びました。

 バッティングでは、気持ちが前に出過ぎて体が突っ込むことが多かったので、飯野監督からは気持ちを抑えていこうとよく言われていました。
 今はどんな時も冷静にプレーできるようになったと思います」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。