第1174回 オリックス・山岡泰輔(瀬戸内出身)が語るタメになる投球理論vol2「自分の特性を活かす変化球理論と力を発揮できるメンタルコントロール」2020年06月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]投球の幅を大きく広げたカットボール
[2]すべてを受け入れ、投球の準備を行う


 今年も6月19日の開幕投手を任されたオリックスのエース・山岡 泰輔瀬戸内出身)。山岡は172センチ68キロをフルに使う投球フォーム理論、トレーニング理論はもちろん、多彩な変化球についても注目をされている。その変化球の精度の高さはマニアックなプロ野球ファンから注目を浴びている。そんな変化球について山岡はどういうポイントで投げているのか。大舞台でも動じずに投げられる山岡のメンタリティはどこから生まれるのか。

前編はこちらから!
オリックス・山岡泰輔が語るタメになる投球理論vol1 「トレーニングの意識、取り組みが投球フォームにつながる」

投球の幅を大きく広げたカットボール



インタビューに答える山岡泰輔投手

 山岡が投げる変化球はスライダー、チェンジアップ、カットボールがメインとなる。その中でカットボール、チェンジアップはストレートと同じ腕の振りで投げており、負担も少ないという。

「スライダーよりカットボールのほうが負担は少ないかなと思います。 僕は親指で切ることができなくて、人差し指と親指でひねるイメージで投げています。僕はどちらかと言うと、カットボールを縦に落としたいので、縦に回転を与えるイメージです」

 さらに山岡は自分に見合う変化球を習得する必要性を語ってくれた。

 「自分の場合、カットボールが良くなってからピッチングの幅が広がりましたね。
 だからといって、カットボールを習得すればいいという話ではなく、投手の特性によって合う変化球が変わってきます。
 僕の場合は真っ直ぐとスライダーがあって、カットボールは中間球の役割を果たしています。たとえば、真っ直ぐだと思ったらカットボールだった、スライダーと思ったらカットボールだったという。
 そうなると相手側からすれば、狙い球が絞りにくくなる。人によっては役に立つ球種、自分の投球スタイルを活かせる変化球があると思うんです。自分の場合はカットボールという話で、自分の投球スタイルに見合うような変化球を使うと投球の幅が広がると考えています」

 そして山岡はピッチング練習で一番大事にしていることはインコースの制球力を磨くことだと言う。

「自分は160キロを投げる投手ではないです。スピードで勝負できる投手ではないからこそ、身体の近くにしっかりと投げられることを大事にしています。右打者、左打者問わずインコースに投げる練習を繰り返し行っています。シート打撃でも同じことを意識しています」

 まさに理にかなった投球理論である。

【次のページ】 投球フォームは連動性が大事。下から上に伝えるイメージで

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1174回 オリックス・山岡泰輔が語るタメになる投球理論vol1 「トレーニングの意識、取り組みが投球フォームにつながる」 【2020年インタビュー】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第969回 広陵が一歩リードする状況 中国大会への出場権3枠を掴むのはどこだ?【秋季広島県大会 展望】【大会展望・総括コラム】
第641回 試合巧者であり続ける 「日々勝負」と「データ主義」 広島新庄(広島)【後編】【野球部訪問】
第640回 名将が醸し出す「すべて勝負」の全体練習 広島新庄(広島)【前編】【野球部訪問】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集コラム】
第646回 オリックス・バファローズ 山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【後編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
第641回 オリックス・バファローズ・山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【前編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
日本 vs カナダ【第26回IBAF 18U世界野球選手権大会】
明徳義塾vs瀬戸内【第95回全国高校野球選手権記念大会】
瀬戸内vs出雲西【2013年春の大会 第120回(平成25年度春季)中国地区高等学校野球大会】
山岡 泰輔(瀬戸内) 【選手名鑑】
瀬戸内 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー