5月19日にオリックスの期待の若手である宜保 翔が、右手有鉤骨の疲労骨折により離脱した。

 宜保は2018年ドラフト5位で指名を受け、未来沖縄高校からオリックスへと入団。昨シーズン終盤に一軍昇格を果たすと、8試合で打率.231(26打数6安打)と高卒1年目としてはまずまずの成績を残した。また、ドラフト1位で入団した同じ高卒の遊撃手である太田 椋よりも先に初安打を記録したのである。

 西村徳文監督の宜保にかける期待は大きい。この春のオープン戦では宜保と安達了一、大城 滉二山足 達也の4人を遊撃手として起用しているが、宜保は安達と並びチーム最多タイの8試合に出場していることからもそれはわかる。

 そのなかで打率.344(32打数11安打)の成績を残し、開幕一軍はもちろん、遊撃のレギュラー争いにも名乗りをあげていただけに無念の離脱となってしまった。

 さて、オリックスのドラフト指名選手を見ると、ここ数年、毎年のように高卒の遊撃手候補を指名していることがわかる。

 宗 佑磨横浜隼人/2014年2位)、岡﨑 大輔花咲徳栄/2016年3位)、廣澤 伸哉大分商/2017年7位)、太田 椋天理/2018年1位)、宜保 翔未来沖縄/2018年5位)、紅林 弘太郎駿河総合/2019年2位)と2014年からの6年間で6人もの「高卒遊撃手」が新加入しているのである。

 安達や大城の次の世代を育てていきたい意図が見え隠れする。

 このなかで宗はすでにコンバート済み、そして岡崎は育成契約に切り替わった。そのため現時点では廣澤、宜保、太田、紅林が次世代のレギュラー遊撃手候補となる。

 新人の紅林はもちろん、その他の3人も一軍での実績はない。宜保が昨シーズン、そしてオープン戦で結果を残したが、今回の骨折での離脱もあり大きなリードというわけではない。まだまだしばらくは競争が続くことになりそうだ。

 ちなみにオリックスは1989年に阪急から球団を買収して以降、高卒生え抜きのレギュラー遊撃手は誕生していない。はたして、近年のドラフトで入団してきた彼らが、近い将来レギュラーを勝ち取ることができるだろうか。オリックス史上初となる高卒生え抜きの遊撃手誕生に期待したい。

【2019年成績】

廣澤 伸哉
[一軍]出場なし
[二軍]90試合/打率.157(153打数24安打)/0本塁打/6打点

太田 椋
[一軍]6試合/打率.000(13打数0安打)/0本塁打/0打点
[二軍]64試合/打率.258(233打数60安打)/6本塁打/21打点

宜保 翔
[一軍]8試合/打率.231(26打数6安打)/0本塁打/0打点
[二軍]111試合/打率.227(375打数85安打)/0本塁打/20打点

紅林 弘太郎
[一軍]2020年新人
[二軍]2020年新人

(記事:勝田聡)

関連記事
史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件
全国制覇8度を誇る大阪桐蔭の戦績・卒業生の進路を紹介! 
ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス)