第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】2019年10月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】

[1]ソフトボールから野球へ 地道な努力の日々
[2]ベンチを外れた春季大会から変えた野球への取り組み

 今夏の甲子園で悲願の初優勝を成し遂げた履正社において、救世主的存在となったのが、岩崎 峻典(2年)だ。清水 大成(3年)に次ぐ投手がチームの課題となっていたが、夏の大阪大会で台頭。甲子園では準決勝の明石商戦で1失点完投、決勝の星稜戦でも好リリーフを見せて、胴上げ投手の栄光に輝いた。この夏で岩崎が急成長した理由、そして今後の目標について聞いてみた。

ソフトボールから野球へ 地道な努力の日々



インタビューに答える岩崎峻典

 大阪府大阪市に生まれた岩崎は2歳上の兄・佑亮さんの後を追うように小学生からソフトボールを始めた。始めた当初からポジションは投手だったという。

 中学ではここでも兄が所属していた大淀ボーイズに入団。同期には履正社でもチームメイトになる島野圭太がいた。ソフトボールから転向した岩崎はなかなか試合に出られなかったという。それでも、「人と同じことをしていても人より上手くなれないので、人より努力しました」と地道に努力を積み重ね、最上級生ではエースになり、全国大会にも出場した。

 高校では「高いレベルで野球をしたかった」という動機から大阪の強豪校である履正社に進学を決めた。通いの選手が多い例に漏れず、岩崎も自宅から1時間近くかけて電車通学をしている。

 入部した当初はレベルの高さに圧倒された。「最初の練習で周りのレベルの高さに驚いて、自分がレギュラーを取れるとは思っていなかった」と自分の実力に自信を持てずにいた。だが、1年秋にベンチ入りを果たす。

 チームの命運を背負う立場となり、「チームを勝たせないといけない立場になったので、責任は重いです」と背番号を背負う重みを実感。秋の大会で登板する機会はなかったが、近畿大会で4強入りして、チームはセンバツ出場権を獲得した。

【次のページ】 ベンチを外れた春季大会から変えた野球への取り組み

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

岩崎 峻典(履正社)
岩崎 峻典(いわさき・しゅんすけ)
  • 履正社
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:175センチ74キロ
  •  
【関連記事】
第648回 「女子野球に新しい風を吹かせたい」模索を続ける履正社女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
第646回 日替わりヒロインで快進撃を見せた履正社女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
第246回 二塁送球は山瀬慎之介に匹敵!内山壮真(星稜)は野球センスの塊だ【ドラフト特集コラム】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
岩崎 峻典(履正社) 【選手名鑑】
清水 大成(履正社) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー