第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】2019年10月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]内山が語る「強いスイング」の本質
[2]4番打者としても、チームとしても日本一へ

 星陵高に入学当時から主力打者として活躍した内山 壮真。センバツでは全く活躍できず、非常に悔しい思いをした。あれから内山はどんな課題をもって夏の活躍につなげたのか。

内山が語る「強いスイング」の本質



内山壮真(星稜)

 センバツの悔しさを晴らすために、夏へ向けて、今まで以上に練習量を増やした。
 「結果を出せなかったのは、自信のなさ、練習量の少なさがあったと思います。自分に自信を持てるぐらい練習の量をこなしていきました」

 その結果、夏の石川大会では2本塁打を放つ。全体的にライト方向にも強い打球を放っており、内容のある打撃だった。

 「石川大会は調子が良くなかったですが、強いスイングをできたと思います」
  内山の言葉でよく聞かれる「強いスイング」。これは内山に限らず、他の選手からも聞かれる言葉である。では内山の場合、「強いスイング」を実現するために意識していることは何か。
 「僕は当たるまでの過程を一番、大切にしています。理想のバットの軌道、ポイントで捉えることを意識しています」

 また、内山の打撃フォームで見られるのは回転を重視していることだ。捉える瞬間、腰を一気に回転させるイメージで振り抜く。
 「体の回転を使いながら、バットを強く振るのは、小学校の時から行っていたことなので、意識というよりも、自然にできていると思います」
 野球を始めた時から小さくまとまらない姿勢が今の内山を形作ったのだろう。

 そして甲子園ではいきなり旭川大高の144キロ右腕・能登 嵩都と対戦するなど、好投手との対戦が続いた。
 「最初は自分のタイミングが取れず、苦労した部分はありましたが、徐々に修正できました。最初に良い投手と対戦できたことで自分の課題を把握できました」

 その言葉通り、調子を上げた内山は甲子園・準々決勝の仙台育英戦で2本塁打を放つなど、大会を通して活躍を見せた。
 「まず1本目はしっかりとスイングができたホームランでした。2本目は泳がされた形でしたが、打つまでの過程が良く、いいポイントで打てたのでホームランになったと思います」

 センバツに比べて活躍を見せ、甲子園準優勝という結果を残したものの、内山には悔しさしか残らなかった。
 「準優勝とはいえ、悪かった部分しかないです。決勝戦は4番の差を感じました。履正社の4番の井上さんが3ランを打ちましたが、4番として勝利に導く仕事とは何か、4番の打撃がどれだけ勝敗に結びつくかが分かった試合でした。4番打者としての打撃を磨いていきたいと思いました」

【次のページ】 4番打者としても、チームとしても日本一へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

韮澤雄也(花咲徳栄)
内山 壮真(うちやま・そうま)
  • 星稜
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:172センチ72キロ
  •  
【関連記事】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第246回 二塁送球は山瀬慎之介に匹敵!内山壮真(星稜)は野球センスの塊だ【ドラフト特集コラム】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
星稜vs敦賀【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第1036回 奥川恭伸と歩み、ともに成長を続けた捕手人生。これからも確かな実力をつけて球界を代表する捕手へ 山瀬慎之助(星稜) 【2019年インタビュー】
内山 壮真(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー