第870回 上原 忠(沖縄水産)という野球人の生き方【前編】~具体的な目標を立て行動した学生時代~2019年01月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]栽弘義との出会い
[2]夢からゴールするまでの過程を逆算する


栽弘義との出会い



練習中の様子

 上原 忠(沖縄水産監督)と故・栽 弘義の出会いは運命的だった。

 1975年当時栽は指導者として、豊見城を率いて甲子園出場を果たした。チームはベスト8まで勝ち上がり、準々決勝で原 辰徳擁する東海大相模にサヨナラ負けを喫した。その様子を憧れの眼差しで見ていたのが、当時小学生だった上原だ。

 「当時ベスト8なんと言うと沖縄中がひっくり返るような事態でした。本当に裁先生の豊見城高校の野球を見て感動して、高校まで野球を見に行きました。選手でなく監督がかっこよかったんですよ。スパルタで厳しい中にも愛情を持っていて、この人怖いけど選手のことが大事なんだと感じました」

 当時の感動は、56歳となった上原の心に今なお熱い想いとして残っていると言う。

 この出会いによって、上原の目標は明確になった。

 “高校野球の監督になる”

【次のページ】 夢からゴールするまでの過程を逆算する

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

上原 忠監督(沖縄水産)
上原 忠監督(沖縄水産)
  •  糸満高校を卒業後、琉球大学に進学し体育科の教員免許を取得。中学校を2校周り、中部商に赴任。
     部長として3年間務めたのち監督に就任すると、1年目で甲子園出場を果たすなどの実績を残す。その後は母校・糸満高校でも監督を務め、現在に至る。
【関連記事】
第530回 上原流の柔軟な指導方針がチームに変革をもたらす!沖縄水産(沖縄)【前編】【野球部訪問】
第876回 最速142キロ右腕の最大の武器は安定したメンタル! 國吉 吹(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
第871回 上原 忠(沖縄水産)という野球人の生き方【後編】~憧れの師との数奇な運命~ 【2019年インタビュー】
第806回 枢軸4人組を中心に見事チームを成長させ続けた沖縄水産が14年振りの優勝! 【大会展望・総括コラム】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第621回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】 【2017年インタビュー】
第620回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「強い打球を打てて、確実性が高いフォームを求めよう」【前編】 【2017年インタビュー】
第442回 山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)「まずはストレートを100パーセント打てる選手になろう」【後編】 【2016年インタビュー】
糸満 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー